So-net無料ブログ作成
検索選択




Maserati Quattroporte 自動車保険更新(ソニー損保) [マセラティ クアトロポルテ Ⅳ]

01.jpg
自動車保険の更新時期が今年も来た。これが今月で、来月は自動車税に更に車検も重なり、出費が続く。
そうでなくてもエンジンマネジメント系で修理したいところもあるし、ボディパネルの傷みはまじめにやるなら
結構大掛かりなレストア気味の作業が必要になるはずだし…、そこまでやるのであれば、同じ車でより程度の
いいものがあればそっちのほうがいいかというくらいなのだが…、なにしろ出物自体が少ない。

02.jpg

現行車やもっと新しい別の中古車もどうかと思う(中にはかなり魅力的な車種もないわけではない)が、
手に入りそうな範囲でこれよりお気に入りになれそうなものは、今のところ見当たらない。

03.jpg

自動車保険の更新手続きは今や全てインターネットを介して自宅にいながらにして出来て便利だ。
今回も10分くらいでサクッと終えた。
私が入っているのはソニー損保なのだが、このテレビCM、いつ見ても軽くイラッとするw。
セットのAを注文しようとしてるのに、全然人の話を聞かずニッコニコ顔で頓珍漢な返しをされて
“はい?” なんて言った後、勝手に説明聞かされておいて “なるほどぉ。” なんて絶対言わんてww
ただ、イラッとはするが印象的であることは確かで、新しいバージョン(ミュージカル風)が出来ても、
この旧バージョンを並行して流しているのは、やはりそれなりにCMとして有効と判断してのことなのかな。

04.jpg
05.jpg

それはともかく、このところほとんど乗らない私には走行距離が短いとそれに応じて割引になるというのは
合理的なので、まぁいいかと思っている。

06.jpg

ただ、このソニー損保に入る時、“お客様のお車、マセラティは弊社では車両保険には入れません。”と言われ、
そうじゃないかなぁと思ってはいたが、ああやっぱりそうか…と、少なからず落胆した。
ま、自分が保険会社側だったら、この時期(デトマソ時代)のマセラティなんて入れたくないものな。妥当な判断だw

この車で車両保険に入れる大手保険会社ってあるのか、まじめに調べていないのでわからない。
車には既に自分で手を入れているところもあるし、致命的なことにならないように見ていこうということで、
結局そのまま、またソニー損保を継続である。

それにしても、今や ソニーフィナンシャルグループはSONYグループ全体の屋台骨を支える優良企業…。
かつてソニーが持っていた先進的でステキなイメージはほとんどなくなってしまい、何ともさみしい…。

07.jpg
08.jpg

ホイールは、この車で数少ない“デザインが気に入らない”ところのひとつだったので、好みのものに変えている。
これがまた選択肢が少なくて…探すのに苦労した。
色々探してやっと手に入れたものを装着して試走すると80km/h~90km/hでバイブレーションが出る。
ホイールバランスではなくてセンターが出ていないのだろうと思われたのでハブリングを寸法指定して作った。
それを装着したところバイブレーションはピタリと無くなった。これはこの車だからということではなくて、
やっぱりこういうお大事なところはきちんと押さえてあげないといけない、というだけのこと。

09.jpg
10.jpg

この車、この固体の特徴なのだが、フロントグリルの枠が2重になっている。
同じ年式でもこんなグリルは他に見たことがない。一体何なんだろう、これ。
個性とか、特別仕立てとか、そういうことはどうでもいいし、せっかくこんなスッキリしたエクステリアなんだから、
こんなところにこんな変な懲り方しないで、普通にしといてくれたらいいのに…。

11.jpg

最近ようやくあたたかくなってきたし天気のいい日も増えてきた。
色々あるが、近いうちにクアトロポルテきれいにしてあげよう。




中期(1998年式)の白x白がベスト。いい出物があるまでじっくり待つか。…。


nice!(3)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

真鶴半島遊覧船 ここはモナコかアマルフィか…w [ドライブ、カフェ、レストラン、風景、花、植物]

真鶴クルーズ_01.jpg
ちょうどひと月ほど前のことになるが、雨の多い今年の3月にしては珍しくいい天気になりそうだったので
家内と真鶴に出かけた。お気に入りの根府川の惣右衛門でいい景色を見ながらアジの天ぷらとそばのお昼を食べ、
その後どうするかちょっとだけ考え、こんなにいい天気なら前から行ってみたいと思っていた“真鶴クルーズ”に
行ってみようということになり、真鶴港の遊覧船乗り場に。乗るなら新緑の頃が一番いいかと思っていたが、
それよりも天気の良さを優先ということで。

根府川の惣右衛門でランチ、真鶴でクルーズその1 http://blog.goo.ne.jp/reomama518/e/2ea1ee1cefa2f6e85a733749f214e600

真鶴半島遊覧船クルージング その2 http://blog.goo.ne.jp/reomama518/e/176630ef5e6b6a16b1dd49192ec1c0f9

真鶴半島遊覧船|湘南クルーズ
http://shounan-cruise.jp/

真鶴クルーズ_02.jpg

いい天気で明るくて真鶴港から見た家並みがすごく雰囲気よくきれいに見えた。
ここはモナコかアマルフィか…っていうのはオーバーだがw、ちょっとだけそういう雰囲気が感じられた。

真鶴クルーズ_03.jpg

こんな感じでアイをとめると、ちょっと、こういうような感じの絵柄がボワァ~っと頭の中に…

真鶴クルーズ_04.jpg
真鶴クルーズ_05.jpg
真鶴クルーズ_06.jpg
真鶴クルーズ_07.jpg
真鶴クルーズ_08.jpg

浮かばないか、そこまではww  でも、ずっとそこにいたくなるようないい感じだった。


平日ということもあり、遊覧船の乗客は私達二人だけ。貸しきり状態。
これで出航してもらうのは何だか悪いような感じ。

真鶴クルーズ_09.jpg

このときはまだ風が冷たく感じられる頃だったのでこんな格好で乗り込むオレサマ。かなりワクワク状態。

真鶴クルーズ_10.jpg

港にいた鳩も一緒に乗船。

真鶴クルーズ_11.jpg

遊覧船と思ってなめていたら思いのほかスピードを出して軽くあせる。鳩達が必死に追いかけてくる。
それにトビやカモメが加わり、そのうち鳩は追いかけてこなくなる。テリトリーが違うらしい。

真鶴クルーズ_12.jpg
真鶴クルーズ_13.jpg

トビがえびせんをもらいに寄ってくる。普通では考えられないくらいに近くまでやってくる。
おおぉキタキター!

真鶴クルーズ_14.jpg
真鶴クルーズ_15.jpg

遊覧船がガンガン飛ばすのでうっかりしてると転んで海に落ちそうなのを踏ん張って何とかトビにえびせんをやる。
ほおり投げると上手に足でキャッチして食べる。面白い!興奮するw

真鶴クルーズ_16.jpg
真鶴クルーズ_17.jpg
真鶴クルーズ_18.jpg

トビに興奮してワーキャーやってたら、すぐに半島の先端、三つ石に到着。解説を色々聞く。
海上からの真鶴半島の眺めを満喫、あっという間に帰港。楽しかった。 

下船して半島の先端にあるケープ真鶴まで行く。ここからの景色はお気に入り。松の木がいい雰囲気。
さっき船上から見た三つ石を陸から眺める。

真鶴クルーズ_19.jpg
真鶴クルーズ_20.jpg

真鶴はこれまで車でも自転車でも何度も行っているのだが、好みのところがいっぱいあって、
いいところだなとつくづく思う。また行こう。



この家並みに色合いの統一感だけでもあればすごく良くなると思うのだが…。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

三菱eKワゴンのドアトリム [車、カーデザイン]

01_代車_eKワゴン_ドアトリム.JPG
家内の愛車、三菱i アイ ビバーチェ。先日ちょっとした修理をすることになり、点検も合せてディーラーに預け、
その代車としてeKワゴンを借りた。走行10kmのド新車だった。
02_代車_eKワゴン_外観.JPG
03_代車_eKワゴン_メーター.JPG

それで、これさいわいとw 借りたその足で箱根方面へドライブに行ってみた。
その様子は家内がブログで書いています。

その1 ベーカリーアンドテーブル箱根 (Bakery&Table)さんでランチ http://blog.goo.ne.jp/reomama518/e/163f6e547ec09856b257d473a85f3cbd

その2 芦ノ湖スカイライン 山羊さん
http://blog.goo.ne.jp/reomama518/e/8e066151076244df69026efaf99e315a

この車には以前からある興味があったのだが、それはドアトリム(ドアの内張り)のデザイン。
公開された写真で見るになかなか魅力的に見えた。軽自動車としては突出して上質なものに見え、
いつか現物をじっくり見てみたいと思っていた。
04_eKワゴン_インテリア.jpg
05_eKワゴン_インテリア.jpg


インパネとか、他のところはまぁあまり今回は触れずに、走行性能とかにも触れずに、ただドアトリムw
06_代車_eKワゴン_インテリア.JPG
07_代車_eKワゴン_インテリア.JPG

そのドアトリム、現物の印象は… 予想通り、いいものだった。
08_代車_eKワゴン_ドアトリム.JPG
まずアームレストまわりの膨らみ、へこみ、その豊かで滑らかな造形がいい。
Web上の小さな写真で見て良さそうと思っていたその造形はやっぱり素晴らしいものだった。
その上のパッドふうの造作もとてもいい。上質で高級感のある造形だ。
09_代車_eKワゴン_フロントドアトリム_PWスイッチ.JPG
スイッチまわりのパネルのピアノブラックに塗装された質感もいい。
10_代車_eKワゴン_フロントドアトリム.JPG
代車_eKワゴン_リヤドアトリム.JPG
スピーカーグリルのパンチング風の穴の処理は、機能からすればもっと小さなエリアでいいと思うが、
全体としてスッキリまとめるにはこれがいい落としどころなのだろう。
ドアハンドルもこの写真ではいい感じに見えるが、できればベゼルの断面形状をもう少し周囲になじみやすい
凸形状の緩やかなもの、出来ればフラッシュに近いものにしたほうが良かったかなと思うが、これは何か別の
車種からの流用なのだろうな。
ドアポケットまわりの造形はフロントもリヤもとてもいい。

全ての軽自動車のドアトリムを見たわけではないが、このドアトリムは軽の中では出色の出来だと思う。
造形だけでいえば、小型車やそれ以上の車でもこれよりもへぼいというか残念なものは沢山ある。
アイのドアトリムもこんなだったら良かったのにな…。
部品点数が同じであれば、造作が違っても金型を作る費用も製品単価も組み立て工数もそれほど変わらない。
デザインがいいというのはそのこと自体にお金がかかるわけではないから、こういう優れたデザインは
本当に価値があり、素晴らしいと思う。




ドアトリムのデザインがいいから売れる、なんてことは無いんだろな…。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

Toroidion 1MW Concept [モーターショー、ニュース、レース、他]

Toroidion_1MW_Concept_01.jpg
フィンランドの新興EVメーカー、Toroidion(トロイディオン)社の 1MW という名前のコンセプトカーです。

Say Hello To The 1,341HP Toroidion 1MW Electric Supercar Concept [w/Video] http://www.carscoops.com/2015/04/say-hello-to-1341hp-toroidion-1mw.html

Toroidion
http://www.toroidion.com/

フィンランドのトロイディオン、1,340馬力の電動スポーツカーのコンセプトモデル"1MW"をモナコで披露 http://blog.livedoor.jp/motersound/51897663

他のいろいろなことはともかく、サイドビューがいいです。滑らかで整っていて美しい。
先端が低く長いノーズ、シャープでかつ滑らかな造形、小さくスマートなキャビン、
たおやかなフェンダーのふくらみ… きれいな形のクーペ、それを自然に描いた、そんな雰囲気。
Toroidion_1MW_Concept_02.jpg
Toroidion_1MW_Concept_03.jpg
Toroidion_1MW_Concept_04.jpg
Toroidion_1MW_Concept_05.jpg

名前の1MWというのはモーターの合計出力1メガワット(≒1341ps)から来ているようです。
詳細スペックはテストや技術の特許申請の後に発表されるとの事ですが、こんなものすごい高出力、
いい気になって加速を楽しんだりしてたらすぐバッテリーがなくなってしまうんじゃないか、と思います。

Toroidion_1MW_Concept_06.jpg
Toroidion_1MW_Concept_07.jpg
このフロントフードのオープニングラインは…、ボンネットまでガルウイングタイプの開き方を考えて
いるようです。何もそんなところに無理やり個性を出さなくても…。

Toroidion_1MW_Concept_08.jpg
Toroidion_1MW_Concept_09.jpg
このフォグランプだかドライビングランプだかの大きさ、ヘッドライトのユニットの何倍もありますね。

Toroidion_1MW_Concept_10.jpg
せっかくのこのプロポーション、ローアングルばかりではなく俯瞰気味に見てみたい気がします。

Toroidion_1MW_Concept_11.jpg
Toroidion_1MW_Concept_12.jpg
Toroidion_1MW_Concept_13.jpg
Toroidion_1MW_Concept_14.jpg
ウェザーストリップなど一切無い、男らしいドア開口部。雨漏り?そんな細かいこといちいち気にしない!
それは冗談としても、コンセプトカーといっても、それくらいのことはちゃんとしておいたほうが説得力が
あっていいと思うし、こういうところを後回しにすると案外面倒なことに… 余計なお世話でしょうけど。

Toroidion_1MW_Concept_15.jpg
3Dプリンタで出力したナイロン樹脂か何か、のように見えるドアのプルハンドルと思しき造作。

Toroidion_1MW_Concept_16.jpg
Toroidion_1MW_Concept_17.jpg
Toroidion_1MW_Concept_18.jpg
Toroidion_1MW_Concept_19.jpg
Toroidion_1MW_Concept_20.jpg
それにしてもこのヘッドライトは…、せっかく新規で作るのならもうちょっと何とかならないかな…。

Toroidion_1MW_Concept_21.jpg
ドアガラス(全周接着されていて昇降しそうにない)も、ドアミラー(ガルウイングのドアパネルと一体化!)
も試作車らしい仕上げ。 こういうところにつけたがる気持ちもわからなくはないし、市販前のコンセプトカー
だから雰囲気優先でということなのでしょうが、まぁ見づらいことは間違い無さそう。

何だかひどいことばっかり書いてしまいましたが、この車のサイドビューはとても気に入りました。
車のデザインでサイドビューが命と思っているw 私としてはそれは非常に大事なことです。
応援する気持ちを持って成り行きを温かく見守りたいです。




繰り返し、サイドビューは命…。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

アルピーヌ A110 専門店 有限会社 ツール・ド・フランス [車、カーデザイン]

P1030842m_1240x.jpg
中井町の有限会社ツール・ド・フランスを初めて訪問。
フランス車専門どころか、この超レアな車の専門店という、ものすごいピンポイントのお店、工場。
レーシングカーからのコンバート含め4台ほどのアルピーヌA110がありました。こんなに一度に見たのは初めて。

P1030848_1240x.jpg
このレアなお店、ツール・ド・フランスはA110に惚れ込んだ加藤社長が20数年前からここでやっているとの事。
こんな近所にこんなのがあるなんて…。

この車両は最近塗装を終えたところ。目にも鮮やかなブルーメタリック。詳しくはわかりませんが、
ただのソリッドブルーではなく見えました。フレンチブルーというのはソリッドな明るめのブルーを
勝手にイメージしていましたが、これはこれでいいです。この車は元々のオリジナルがこういうのっぽいし、
この車独特のボディの曲面形状に合っていて陰影が強く出て見栄えがして、すごくいいです。

ノーマルモード
P1030846m_1240x.jpg

ジオラマモード
P1030847m_1240x.jpg

お店というか工場のショールームの前はこんなことになっていて、一見やっているのかどうかもよくわからない、
ある種敷居が高いw
P1030851m_1240x.jpg
建屋脇には修理待ちか部品取りかわかりませんが(私の大好きな一台)シトロエン・エグザンティアなど数台有り、
主にフランス車のあまりよそが面倒見たがらなそうなのも見てくれるのかもしれません。

純正が手に入らなくなった部品や、フランス製のものが品質に問題があるものなどはサクッと単品製作してしまう
とのことで、フロントバンパーにつけるオーバーライダーなど見せてもらいました。こういうことが出来ないと
こういうお店はやれませんよね。
最初入りにくく感じたのですが、お話させていただくと、メカニックの方も加藤社長も実に朗らかで、初対面にも
関わらず親切に対応してくださり嬉しかったです。また行こうと思います。聞きたい事色々あるし。


公式サイトは無いみたい(名刺に表記無し、検索しても微妙なのしか出てこない…)なので、かわりに紹介記事を。
http://www.ninteicyukosha.com/special_project/renault/world/ucg_archive/pdf/65-0604_046-049.pdf
RENAULT_ALPINE_A110_PDF_p1.jpg
RENAULT_ALPINE_A110_PDF_p2.jpg
会社名の由来も気になりますが…、加藤社長は以前Lookの自転車に乗っていらしたと、よそのブログで書かれて
いました。やっぱりw フランスも自転車もお好きなようです。





行って良かった中井町ツール・ド・フランス…。



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

Honda S660 vs Mazda MX-5 Roadster(ロールトップ vs 普通の手動ソフトトップ) [車、カーデザイン]

01_Honda_S660_vs_Mazda_MX-5.jpg
こういうのが売れたらいいなと思う2つのモデル、ホンダS660とマツダ・ロードスター。
どちらもオープントップが基本形。個人的にはオープンに特に魅力は感じない(ルーフが
無いと形にまとまりが無く、きれいに見えない気がして、ルーフがあるほうが断然好み)
のだが、この2台に関してはどちらも魅力的だと思う。

まともな荷物スペースも無い大胆な割り切りのS660。その変わった脱着方法のソフトトップと、
同じ手動とはいえオーソドックスな方式を採用したロードスターを比較してみました。

まずはS660。
Honda_S660_02.jpg
Honda_S660_03.jpg
Honda_S660_04.jpg

前身にあたるビートと。メーカーサイドは新型ビートというつもりは無いみたいなこと言ってますけど、
普通に正常進化という感じがします。
Honda_S660_05.jpg

ルーフはこんなふうに左右から巻き取るやり方。ロールトップというようです。
Honda_S660_06.jpg
Honda_S660_07.jpg
Honda_S660_08.jpg

S660ルーフ早開け
https://www.youtube.com/watch?v=ZRNz4aW8eNM

わかっていたとはいえ、やっぱりこういう動作が必要なのですね…。
シート後方の盛り上がった造形から、スライドするタルガトップのようなことを手動ででもできなかったものかと、
つい考えてしまいます。もちろんそんなことは考えたし試してもいるんでしょうが…。


次にロードスター。
Mazda_MX-5_ND_09.jpg
Mazda_MX-5_ND_10.jpg
Mazda_MX-5_ND_11.jpg
Mazda_MX-5_ND_12.jpg
Mazda_MX-5_ND_13.jpg
Mazda_MX-5_ND_14.jpg
S660と違って、トランクも小物入れも、決して大きくは無いですが普通に確保されています。

Mazda_MX-5_ND_15.jpg
Mazda_MX-5_ND_16.jpg
Mazda_MX-5_ND_17.jpg

そしてオーソドックスな手動ソフトトップ。
Mazda_MX-5_ND_18.jpg
手動とはいえ、乗車したままごく簡単な操作で開閉できるし、電動よりも全然速く、かったるさが無いです。
電動メタルトップなどにしなかったのはこの車の開発における英断のひとつだと思います。

NDロードスター 幌開閉
https://www.youtube.com/watch?v=AHLBV-BnRvk


ロードスターは先代よりも少し小さくなったとはいえ、2シーター小型車としてまともな大きさですので
トランクや収納関係に無理が無く、この種の車としては十分実用的といえます。エンジンも必要十分、
トランスミッションにいたっては操作感がのすごく気持ちいいそうです。
スタイリングクルマ好きが受け入れやすいわかりやすくクラシカルなプロポーションで嫌味が無く(少なく)
きっとまた世界的にロングランで売れるんじゃないかと思います。

対するS660は、とにかくこのモダンなスタイルとコンパクトさ、(FF用横置きユニットの流用だとしても)
他に無いミッドシップレイアウト、そういうことが魅力なんだと思います。これを商品化してくれたことに
敬意を表し、感謝したい気持ちです。
気になる受注状況ですが…今から注文しても年内納車無理とのこと。良かった!

どちらがいいかは人それぞれ、まるっきり好みだと思います。
いずれにしても、こういうクルマが売れて(バカみたいに売れて変にブームになってもアレですが)、
路上の景色がちょっと楽しい、いいものになることを願ってやまないです。




こういうクルマが一過性の盛り上がりで終わりませんように…。


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

手持ちデータのアップデート、クォリティアップ、新規製作など [CG、スケッチ、デジタルモデリング、仕事]

shading_20141031_04m+multi_logo_1280x640.jpg
3月までの怒涛の仕事がひとつずつ片付いていき、ようやく落ち着いてやれる程度になった。
仕事をいただくのはありがたいが、年度末で厳しい納期があたりまえのようになっているのは
毎度のこととはいえ、きつい。

20141113_07_body_rendering_WIP_m+multi_logo_1440x.jpg

今抱えているのは方向性がまだぼんやりしているところがあって、お客様からの仕様というかご希望の
方向性待ちのものと、もうひとつは先の長いプロジェクト。

20141113_07_body+chassis_rendering_WIP_m+multi_logo_1440x.jpg

こういうときに、手持ちデータのアップデート、クォリティアップ、新規製作などをやっておくのはとてもいいこと…
なのだが、結構疲労がたまっているようで、自分で色々心配になるような兆候がある。こういう時はしばらく休養して
体調を整えたほうがいいんだろうな。それこそ温泉とか行って。

Body+Chassis_FF_20141128_m+multi_logo_1440x.jpg

などと思いはしても、突発的な短期の依頼はしばしばあるし、手持ちデータの~ もやっぱり少しずつやったり
するのでなかなか完全休養とまではいかない。作業量、時間は抑え目にしながらもほぼ毎日何かしらやっている。
大体、何かいいアイディア(のように思えるアイディア)を思いつくとどうしても試してみたくなる。
実際に現物化することはそれ程多くは無いが、3Dで検証してみるということは良くやる。

Body+Chassis_FR_20141128_m+multi_logo_1440x.jpg

どうしてもやらなくてはいけないというわけではないんだから無理してやらなくたっていいのだが、思いついて
しまったら、やってみて、その結果をこの目で見てみないといられなくなるので、我ながら困ったもんだなと思う。
だが、こういう気持ちが無くなったら、それこそやめたほうがいいんだろうなとも思う。
気持ちを抑えながら維持する、なんて事をやっていくことになるんだろうな、きっと。





それにしても、もう少し暖かくなっていいと思うんだが、4月なら…。


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

アストンマーティン 福岡にショールーム 販売は台湾企業 [モーターショー、ニュース、レース、他]

Aston_Martin_Vanquish_white_01.jpg
アストンマーティン九州初上陸…高級車需要高まる福岡にショールーム | レスポンス http://response.jp/article/2015/04/09/248677.html

同じイギリスの超高級車でも、ロールスよりアストンがずっといい、な。
まぁ縁が無いのはどっちもだけど。

Aston_Martin_Vanquish_white_02.jpg
Aston_Martin_Vanquish_white_03.jpg
Aston_Martin_Vanquish_white_04.jpg
白いヴァンキッシュ、カッコイイな。

4ドアでもこれだものな。ラピード、美しくてカッコイイ。
Aston_Martin_Rapide_white_01.jpg
Aston_Martin_Rapide_white_03.jpg
Aston_Martin_Rapide_white_02.jpg
Aston_Martin_Rapide_white_04.jpg
ただ、マイナーチェンジ後の顔つきは、口がちょっと大きすぎる、と思う。


このショールームで販売を行うのは台湾の企業というのもちょっと驚きですが、
基本的に台湾は好きなので、その他の隣国よりも百倍いいです。
Aston_Martin_Rapide_white+Chiar_man.jpg

こういう変な、と言ったら失礼なんでしょうが、変わった配色はしないほうが… 余計なお世話ですけど。
Aston_Martin_AMV8_white_01.jpg
Aston_Martin_AMV8_white_02.jpg
Aston_Martin_AMV8_white_03.jpg





一番好形が好みのDB9(上の写真に無し)はモデルチェンジの噂…。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

Lamborghini Miura(ランボルギーニ・ミウラ 「この車は良く見るよね。」「え?」) [車、カーデザイン]

Lamborghini_Miura_01.jpg
一つ前のブログの最後の画像を見て家内が「この車は良く見るよね。」
私「え? そ、そう…、私は走ってるのは見たこと無い、けど…。」
家内「あれ?私何かと勘違いしてる?^ー^;」
私「^ー^;;」
ほんとに見てるのかもしれませんけど、もしそうなら私も見てみたい、けど、まぁ見ませんよね、ミウラ。
ということで、ミウラの画像をいくつか。
Lamborghini_Miura_02.jpg
Lamborghini_Miura_03.jpg
Lamborghini_Miura_04.jpg
Lamborghini_Miura_05.jpg
Lamborghini_Miura_06.jpg

クラシカルで美しいプロポーション。この前後カウルの開き方がいいですよね。
Lamborghini_Miura_07.jpg
Lamborghini_Miura_08.jpg
Lamborghini_Miura_09.jpg
Lamborghini_Miura_10.jpg

サイドビューとリヤビューはとても好みですが、顔つきはどうにも…このヘッドライトが間が抜けた感じがして
好きになれません。これはポルシェにも共通する感想。
Lamborghini_Miura_11.jpg
Lamborghini_Miura_12.jpg
Lamborghini_Miura_13.jpg
Lamborghini_Miura_14.jpg
リヤフェンダーまわりの造形がすばらしい。魅力的。

Lamborghini_Miura_15.jpg
Lamborghini_Miura_16.jpg
Lamborghini_Miura_17.jpg
このSVになるとリヤのトレッドが拡大されていいのですが、そうでないものはトレッドが狭くて、
真正面や真後ろから見るとタイヤがボディの随分内側にあって貧弱に見えて結構がっかりします。
2枚上の画像からもフロント側がどういうことになっているのか、わかると思います。

Lamborghini_Miura_18.jpg
Lamborghini_Miura_19.jpg
Lamborghini_Miura_20.jpg
Lamborghini_Miura_21.jpg

後継であるカウンタックと。
Lamborghini_Miura_22+Countach.jpg

このくらいのリヤクォータービューが一番いいかなと思います。すごく魅力的。ほれぼれします。
Lamborghini_Miura_23.jpg





家内が何と勘違いしたのか、いつかつきとめたい…。


nice!(3)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

Marcello Gandini recent appearance(最近のマルチェロ・ガンディーニ) [車、カーデザイン]

14_Marcello_Gandini_interview_20140307.jpg
彼らしい冴えたデザインの新型車は久しく現れていませんが、ガンディーニ関連の記事をいくつか。

Marcello Gandini - Car Designer - Automobile Magazine
http://www.automobilemag.com/features/news/0911_marcello_gandini_automotive_designer/
2009年の記事なのでもう5年以上前の記事ですが、古い立派な建屋を改装したツタの絡まるいい雰囲気の
自宅兼デザインルームで、相変わらず一人で仕事をしているようです。
01_Marcello_Gandini_portrait_20091015.jpg
02_Marcello_Gandini_studio_20091015.jpg
03_Marcello_Gandini_Lancia_Stratos_20091015.jpg
04_Marcello_Gandini_model_car_20091015.jpg
05_Marcello_Gandini_with_Robert_Cumberford_20091015.jpg
06_Marcello_Gandini_courtyard_20091015.jpg
07_Marcello_Gandini_drafts_20091015.jpg
08_Marcello_Gandini_BMW_5_series_20091015.jpg
09_Marcello_Gandini_Lamborghini_Countach_20091015.jpg
10_Marcello_Gandini_lamborghini_miura_sv_20091015.jpg

こちらの動画は彼の仕事場で録られたもので、2014年3月7日に公開されたものです。
Marcello Gandini accepts Car Design News Lifetime Achievement Award
https://www.youtube.com/watch?v=rSkAYcxdt-s
キャプチャー画像をいくつか。
11_Marcello_Gandini_interview_20140307.jpg
12_Marcello_Gandini_interview_20140307.jpg
13_Marcello_Gandini_interview_20140307.jpg
14_Marcello_Gandini_interview_20140307.jpg

Iso Grifo 90 の写真が見えて嬉しいです。多分やらせでしょうけど。
15_Marcello_Gandini_interview_20140307.jpg
16_Marcello_Gandini_interview_20140307.jpg
17_Marcello_Gandini_interview_20140307.jpg
18_Marcello_Gandini_interview_20140307.jpg
19_Marcello_Gandini_interview_20140307.jpg


ついでといっては何ですが、ちょっと意外というか珍しいものがありました。
彼が出演したCMで、シトロエンBXに乗るキリリとしたビジネスマン風です。
Citroën BX 16-valve Commercial with Marcello Gandini
https://www.youtube.com/watch?v=bi8xIQuiwq0


最後は昨年秋の記事なのですが、今年の春に行われるヴィラ・デステでガンディーニ関連のイベントが企画されて
いるようです。これらの3台とガンディーニ本人も出席、ということでしょうか。
AutomotiveDesignClub International - Marcello Gandini with three of his masterpieces
http://www.autodesignclub.com/index.php/news-facts/today/232-marcello-gandini-with-three-of-his-masterpieces
20_Marcello_Gandini_with_his_models.jpg
21_Marcello_Gandini_with_his_models.jpg
22_Marcello_Gandini_with_his_models.jpg
23_Marcello_Gandini_with_his_models.jpg
24_Marcello_Gandini_with_his_models.jpg
25_Marcello_Gandini_with_his_models.jpg
26_Marcello_Gandini_with_his_models.jpg
27_Marcello_Gandini_with_his_models.jpg
28_Marcello_Gandini_with_his_models.jpg




ほぼ理想的な仕事のスタイル…。



nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車








この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。