So-net無料ブログ作成
検索選択




Pininfarina Ferrari 512S Modulo (1970) [車、カーデザイン]

Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_01.jpg


前回取り上げたフェラーリ 512S スペチアーレ に続いて、ピニンファリーナが1970年3月ジュネーブショーで
発表したコンセプトカー、フェラーリ 512S モデューロ。
デザインの方向としてはとにかく未来。とにかく明るい安村 みたいですが、もう本当に未来、迷い無く明るい未来
を見ています。そういうことですからタイヤは隠す方向(本当は無くしたいくらいのいきおい)、まさに未来都市の
透明なチューブの中を飛んでいるエアカーのようなイメージです。

Ferrari 512 S Modulo Concept (1970)
http://oldconceptcars.com/1930-2004/ferrari-512-s-modulo-concept-1970/


Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_02.jpg
前回取り上げた512S スペチアーレ の写真に登場する女性モデルについては無いほうがいいと書きましたが、
このモデルさんはいいですね。こういう上品な使い方は好みです。また、ピニンファリーナらしい気もします。

Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_03.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_04.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_05.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_06.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_07.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_08.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_09.jpg

発表されたのは512S スペチアーレよりもこちらのほうが後なのですが、実はこちらのほうが先に完成して
いました。それが順番を変えて発表したのには訳があります。

ピニンファリーナ社内での評価は2台ともすばらしいものでした。
フェラーリ製の同じシャシーを使って社内で競作させたら、すっごくいいのが2台出来てしまったわけです。
さすがピニンファリーナ、当時同社に在籍していたのデザイナー達の力量がいかにすばらしいものだったか、
それがうかがえる(いくつかある)エピソードのひとつでもあります。

さて、この2台のどちらかをウイナーにして、他方をお蔵入りにしてしまうのはあまりにもったいない。

どうする?

両方発表したい。
だが、これを出来た順番に発表したら、モデューロを見た後では512S スペチアーレが古く見えてしまう(!)かも
しれない…。それは避けたい。こんなにステキなデザインなのだから。

じゃ、どうする?

うーむ…、順番を変えよう。

というような経緯で、後から完成したにもかかわらず、まず512S スペチアーレが1969年11月のトリノショーで
発表され、そのすぐ後、翌年1970年3月のジュネーブショーでモデューロが発表されることとなりました。
モデューロはあまりに先進的、未来感あり過ぎだったのです。



Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_10.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_11.jpg

発表されたモデューロの評判は…
まさにピニンファリーナが危惧したとおりというか、きっとそれ以上に、世界的に高い評価を得ました。
いわく、史上最も未来的な車。こんな表現は時代とともに現れる新しい車に受け継がれていくのではないかと
思うのですが、これに関してはそうはならず、この言い方がその後何年たっても特に訂正もされていないようです。
いかにこの車のデザインが突出していたかということです。車に大して興味が無い人も、素直にそう受け止めたの
ではないでしょうか。

この車がそんな高評価を世界的に得たものですから、当初ピニンファリーナが恐れたこと、十分傑作といえる
512スペチアーレが不本意な評価を受けてしまうこと… は直接的には避けられたのかもしれませんが、人々の
記憶にはモデューロだけが強く残り、他はかすんでしまった。そしてその中の1台になってしまった、というのは
残念ながら事実のようです。

モデューロは当時タイミング良く開催された日本の大阪万博にも展示され、そこでも人気を博しました。


Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_12.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_13.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_14.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_15.jpg

かなりあっさりしたインテリア。こういう傾向はこの頃のコンセプトカーに多いのですが、まだ皆さんインテリアに
それ程力を入れていなかったようで、ガンディーニが何かのインタビューで、“当時のインテリアはエクステリアが
出来てからサクサクッと作ったもので…”などと言っていて、まぁそういうことなんでしょう。大体、まだこの頃は
インテリアデザイナーというくくりも無かったんじゃないかと思いますし。

Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_16.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_17.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_18.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_19.jpg

ただ、個人的にはこのモデューロのデザインにそれほど共感するものではなく、好みというわけではありません。
表現が適切かどうかはさておき、良く出来た学生の作品のような、車以外のインダストリアルデザイナーの作品の
ような、未来都市を舞台にした映画に出てくる架空の車…そんな感じがして、いまひとつ魅力的に見えないです。
良くも悪くも車らしく見えないところがそう思わせるのかもしれません。

Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_20.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_21.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_22.jpg
ばん金のための木型と一緒に。

Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_23.jpg
この木型自体がステキなオブジェのよう。

Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_24.jpg
この写真自体はやらせでしょうけど、ボディはFRPではなく金属の薄板、恐らくアルミを手叩きでしょうか。

Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_25_sketch_by_Paolo_Martin_Pininfarina_1967.jpg
デザイナー、パオロ・マルティンの描いたアイディアスケッチ。これが描かれたのは1967年のようです。

Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_26_sketch_by_Paolo_Martin_Pininfarina_1967.jpg
当時のスケッチと、後年イラストレーターとかフォトショップで描かれたと思しきスケッチ。



Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_and_Lancia_Stratos_Zero_27.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_and_Lancia_Stratos_Zero_28.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_and_Lancia_Stratos_Zero_29.jpg
同じ時期に発表されたベルトーネのストラトス・ゼロと並んで展示されているモデューロ。こんな2台を同時に
見られるなんて、何ともうらやましい状況。
そういうテーマでカラボとか、ブーメランとか集めて展示してくれたら…、いやいっそのこと、60年代末から
70年代前半頃の傑作コンセプトカーを一堂に集めて見せてくれるようなイベント、やってくれないかな。
“1970年前後の傑作コンセプトカー展”とか銘うって、美術品の絵画や彫刻などで行われているように世界ツアーを
やっても…というのはさすがに無理があるか。でもそんなのあったら、普通のモーターショーよりも間違いなく
行きたいです。

という妄想はさておき…、上の写真を見て感じるのは、とがり具合ではモデューロを上回るほどでありながら、
タイヤが露出していることもあって、幾分車らしく見え、しかも独創性に富んだストラトス・ゼロのデザインの
何と魅力的なことかということ。次はこれを取り上げてみようと思います。







好みかどうかはさておき、非常にレベルが高いデザイン…。

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

Pininfarina Ferrari 512S Berlinetta Speciale (1969) [車、カーデザイン]

Pininfarina_Ferrari_512S_Berlinetta_Speciale_01.jpg


ピニンファリーナが1969年11月のトリノショーで発表したコンセプトカー。
ランボルギーニカウンタックの発表が1971年ですので、それよりも2年早いタイミングです。
これをもって、さすがピニンファリーナ、ベルトーネの先を行っていたか… ということではなくて、
この種の極端なウェッジシェイプはこの頃のトレンドだったということです。思いつくところで、
アルファロメオ・カラボ 1968年
ランチア・ストラトス・ゼロ 1970年
マセラティ・ブーメラン 1971年
などなど…、刺さりそうなほど鋭い形がワラワラ出てきます。これらコンセプトカーの情け容赦ない
とがりっぷりをみると、カウンタックなど、むしろおとなし目のほうであったかとさえ思えてきます。

1969 Ferrari 512S Speciale (Pininfarina) - Studios
http://www.carstyling.ru/en/car/1969_ferrari_512s_speciale/

969 Ferrari 512 S Berlinetta Speciale Pininfarina Concept
https://www.facebook.com/1969Ferrari512SSpecialePininfarinaConcept.V.C0071



Pininfarina_Ferrari_512S_Berlinetta_Speciale_02.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Berlinetta_Speciale_03.jpg

ウェッジではありますが、ショルダーラインの抑揚など、車らしさというか、ピニンファリーナらしい
優雅さのようなものが感じられますし…、
Pininfarina_Ferrari_512S_Berlinetta_Speciale_04.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Berlinetta_Speciale_05.jpg

同じ頃に同社が発表したアバルト2000スコルピオーネなどとも共通性が感じられるデザインです。

Fiat Abarth 2000 Scorpione 1969年発表コンセプトカー  2014年8月4日
http://ash-institute.blog.so-net.ne.jp/2014-08-04

Pininfarina_Ferrari_512S_Berlinetta_Speciale_06.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Berlinetta_Speciale_07.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Berlinetta_Speciale_08.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Berlinetta_Speciale_09.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Berlinetta_Speciale_10.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Berlinetta_Speciale_11.jpg

カラーがイエローというところも、最初のカウンタックのプロトタイプと同じで(繰り返しますがこっちが先)、
余計そう思わされるのかもしれませんが、このフロントまわりなど、カウンタックとかなり似たイメージです。
当時のベルトーネのチーフ、若き日のガンディーニは結構影響を受けた…かどうかわかりませんが、似てはいます。
Pininfarina_Ferrari_512S_Berlinetta_Speciale_12.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Berlinetta_Speciale_13.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Berlinetta_Speciale_14.jpg
こういう女性モデルの使い方、車のデザインとともに時代を感じさせます。 車のデザインでは60年代後半から
70年代前半は本当にすばらしいと思うのですが、こういう写真の女性モデルの使い方はちょっと…正直いないほうがいいなぁと思います。

Pininfarina_Ferrari_512S_Berlinetta_Speciale_15.jpg
こんなふうにギヤボックスが後ろから見えるのって魅力的。今ならディフューザーで隠れてしまいますけど。

Pininfarina_Ferrari_512S_Berlinetta_Speciale_16.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Berlinetta_Speciale_17.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Berlinetta_Speciale_18.jpg

総じて、当時としては十分前衛的でまとまりもよくきれいなデザイン(あっさり目で個人的にはかなり好み)
ですが、後のカウンタックななどと比べるとややインパクトが弱かったかもしれません。
それでも、もしもこれが市販されていたら…、それはそれでセンセーショナルで、カウンタックがあれほどの
インパクトを世界中に与えられたかどうか、少しばかり疑問にもなります。

カウンタックの特徴としては、まずあの前衛的なデザイン、メカニカルレイアウト、そして剛性の塊のような
パイプワークのフレーム…などなど色々ありますが、何よりすごいのはあの形でちゃんと市販されたということ
です。(ちゃんとというのはとらえ方次第で色々ありますが…、それはまた話が違うので、ここでは触れません)
ショーモデルを見た誰もが、まさかあの形のまま市販されるとは、夢にも思わなかったでしょう。
よく見ていくと、ちゃんと市販車として成り立つように色々考えられていることがわかるのですが、そんなことを
思わせないほどの浮世離れっぷり。まさに冒頭で取り上げたコンセプトカー達の仲間にしか見えませんでした。

そしてもうひとつ、この車、512S Berlinetta Speciale がこれだけのデザインのわりに記憶に強く残らなくなった
理由があります。同じピニンファリーナでほぼ同時期に(正確にはこれよりも少し前に)作られ、この車のすぐあとで発表され、同社のイメージシンボルにもなるような傑作が翌年発表されるからです。
その傑作については次回取り上げようと思います。








黄色って、形が良くないと似合わない というのは持論のひとつ…。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

Vector W2 and W8 衝撃の世界最速(当時)の車 [車、カーデザイン]

Vector_W2_00.jpg


前の記事に続いて、最近のニュースでもなんでもなく、ただ好みということで今回はアメリカのベクター。
初めて雑誌で見たときは結構な衝撃を受けました。
世界で最も速い車はフェラーリ?ランボルギーニ?そのどれでもなくこのベクターです。
という当時のうたい文句もセンセーショナルでした。

Wikipedia ベクター・W8

Wikipedia ベクター・M12



1978年に発表されたプロトタイプ、W2。
Vector_W2_02.jpg

カウンタックなどとイメージが重なる(特に前半)ウェッジシェイプのスタイリング。そこにステルス戦闘機を
思わせるような雰囲気が加わって独特の迫力をかもし出していて、それが大きな魅力です。最初に見たボディ
カラーがブラック系だったこともその印象を強めたものと思われます。

Vector_W2_03.jpg
Vector_W2_04.jpg
Vector_W2_05.jpg
Vector_W2_06.jpg
Vector_W2_07.jpg
Vector_W2_08.jpg
Vector_W2_09.jpg

ものすごく見づらそうなメーター(?)類。戦闘機っぽいといえばいえなくもないですが…。
インテリア全体の雰囲気はエクステリアと合っているとは思いますし、個人的には嫌いじゃなくて、
むしろ他のどの車にも似ていない魅力を持たせられる可能性は感じました。
Vector_W2_10.jpg
Vector_W2_11.jpg


W2の発表から10年が経過した1988年、ようやく発表された市販版であるW8。
サイドウインドーの一部が開閉可能になったり、他にも細かい変更があるようです。
Vector_W8_12.jpg
Vector_W8_13.jpg
Vector_W8_14.jpg
Vector_W8_15.jpg
Vector_W8_16.jpg
Vector_W8_17.jpg
Vector_W8_18.jpg

フロントフードの開き方が独特。長いアームを使った、“大きく逃げる”ダブルリンク。
Vector_W8_19.jpg

Vector_W8_20.jpg
Vector_W8_21.jpg
Vector_W8_22.jpg
Vector_W8_23.jpg
Vector_W8_24.jpg

インテリアの計器類は洗練されて随分見やすくなったようです。それでもスイッチ類を含めて全体の雰囲気は
やはり戦闘機調。車のインターフェイスとしてはまだ全然不親切に思えますが、個人的には好みの傾向なので
悪くないです。魅力的に見えますw
Vector_W8_25.jpg
Vector_W8_26.jpg
Vector_W8_27.jpg
Vector_W8_28.jpg
Vector_W8_29.jpg

ビジネスとしては決して成功とは言えなかったようですが、いい意味でひとつのアメリカらしさがあふれた
すごい車だったと思います。

Vector_W8_30.jpg
Vector_W8_31.jpg
Vector_W8_32.jpg
Vector_W8_33.jpg
Vector_W8_34.jpg


時々売り物が出ていて、それなりの値段がついているようです。

1992 Vector W8 Twin Turbo | Monterey 2014 | RM Sotheby's
http://www.rmsothebys.com/mo14/monterey/lots/1992-vector-w8-twin-turbo/1067559

1992 Vector W8 Twin Turbo | Automobiles of London 2010 | RM Sotheby's
http://www.rmsothebys.com/lf10/automobiles-of-london/lots/1992-vector-w8-twin-turbo/568153



この車も、いつか現物を見てみたいと思っているもののひとつなのですが…、なかなかかないません。

Vector_W2_01.jpg





独特のカッコ良さ、魅力があるということはすばらしいこと…。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

Chevrolet Aerovette 1973 4Rotor Concept Corvette XP-882 [車、カーデザイン]

Chevrolet_Aerovette_1973_01.jpg


突然ですが、今回は70年代の初めにシボレーが発表したコルベットのコンセプトカー、いわゆるエアロベットを
取り上げてみます。単純に好きなスタイリングだから、ということです。

Chevrolet_Aerovette_1973_02.jpg

歴代コルベットの中で私が一番好きなのはC3型の後期ウレタンバンパーになった頃のもので、年代でいえば
73年から79年までのものなのですが、この車はそのフロントのイメージを強く感じさせ、いい意味で70年代らしい
クリーンな造形がとても好みです。サイドビューではどちらが前か後ろかわからないようなプロポーションですが
それも悪くありません。
ちょっと驚くのはエンジン、なんと4ローターのロータリーでミッドシップという、ある意味70年代初め頃らしい
当時の先進のコンセプトです。しかしながら、現在に至るまでロータリーエンジンのまともな市販車はマツダ以外
からはリリースされていない事実からわかるように、この野心的なプロジェクトは、直後のオイルショックの影響で
まず燃費の悪いロータリーエンジンの採用が見送られ、後にレシプロV8エンジン搭載を考えたものの、この種の
スポーツカー自体の開発がないがしろにされ…結局お蔵入りとなってしまいました。

このあたりのことについてはこちら↓に書かれていることが簡潔でわかりやすく、共感できました。

エアロベット
http://blog.goo.ne.jp/kitazawa1961/e/2fee12f22fe837227bfd8df804912247


Chevrolet_Aerovette_1973_03.jpg
Chevrolet_Aerovette_1973_04.jpg
Chevrolet_Aerovette_1973_05.jpg

このフロントエンドと、フロントウインドシールドグラスの形状、いいなぁ。
実際にはフロントガラスをこんなふうに“真ん中で折る”なんていうのはとても許されなさそうですが。
Chevrolet_Aerovette_1973_06.jpg
Chevrolet_Aerovette_1973_07.jpg
Chevrolet_Aerovette_1973_08.jpg
Chevrolet_Aerovette_1973_09.jpg
Chevrolet_Aerovette_1973_10.jpg
Chevrolet_Aerovette_1973_11.jpg
Chevrolet_Aerovette_1973_12.jpg
Chevrolet_Aerovette_1973_13.jpg
Chevrolet_Aerovette_1973_14.jpg

ガルウイングドアも当時のかっこいいアイテムのひとつですね。
しかし、このガルウイングドアは…ドアを開けた時に上にあんまりスペースを必要としないように考えてか、
中間で折れる機構にしてあるのですが、こうすると窓ガラスは昇降できなくなるし、何よりこれでは乗り降り
しにくくなっているんではないかと(折れたドアの下端に頭をぶつないようにするのが結構大変そう)…、
余計なお世話でしょうが心配になってしまいます。

Chevrolet_Aerovette_1973_15.jpg
Chevrolet_Aerovette_1973_16.jpg
Chevrolet_Aerovette_1973_17.jpg
Chevrolet_Aerovette_1973_18.jpg
Chevrolet_Aerovette_1973_19.jpg

さすがロータリーエンジン、コンパクトそうです。
この頃はメルセデスベンツだってロータリーエンジン搭載のスーパースポーツを開発してたんだものな…。
Chevrolet_Aerovette_1973_20.jpg

ミッドシップでこの形、でもちゃんとラッゲージスペースも結構な容積が考えられていたようです。
それにしても、ほんとにこの車のサイドビューをシルエットで見たらどっちが前か後ろかわからなそう。
Chevrolet_Aerovette_1973_21.jpg





確かに時代を感じるが、それも悪くない…どころかとても魅力的。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

Jaguar XJ220 for sale [車、カーデザイン]

Jaguar_XJ220_for_sale_001.jpg


もう何日か前の記事ですが、ジャガーXJ220が売りに出ているということです。

Stunning Silver Jaguar XJ220 Available For Purchase In The UK
http://www.carscoops.com/2015/12/stunning-silver-jaguar-xj220-availale.html


何がどうといわなくてもちゃんとジャガーとわかる顔つき、しかもこれだけスーパーらしくて、とても魅力的です。
これには車体がかなり大きい(長い)ということが効いているのですが、特にリヤオーバーハングが長いのが、
この種の車としては異例なことです。このリヤオーバーハングの長さは、まじめに超高速走行を考えた結果の形であり、
この車のスタイリング大きな特徴のひとつといえます。この長さが十分あることにより、ジャガーらしい前後の絞りが
気持ちよく出来ているわけです。

Jaguar_XJ220_for_sale_02.jpg
Jaguar_XJ220_for_sale_03.jpg
Jaguar_XJ220_for_sale_04.jpg

このホイールは…、正直全然好みじゃないです。軽そうにも美しくも見えない…。
Jaguar_XJ220_for_sale_05.jpg

Jaguar_XJ220_for_sale_06.jpg
Jaguar_XJ220_for_sale_07.jpg

絞り込んで丸みのあるフロントエンド、そこに長円のフロントグリルというかエアインテーク、そしてやはり
ジャガーらしい丸みのあるヘッドライト外形形状。(この車の場合、リタラクタブルのカバーですが)
Jaguar_XJ220_for_sale_08.jpg

全幅寸法から考えると随分すぼまったリヤエンド。この雰囲気は往年のレーシングカーなどに似た雰囲気です。
Jaguar_XJ220_for_sale_09.jpg

高さが低い意外は驚くほど普通っぽいインテリア。(写真は右ハンドルと左ハンドルが混在していますが、そこは
流してください)いわゆるスーパーカーらしさみたいな派手な演出めいたところは皆無で、人によってはつまらない
とか思いそうでもあります。私もちょっとそう思います。
ちょっと変わっているのは行き場のなくなった補助メーター4個がドアトリム側にあること。

Jaguar_XJ220_for_sale_10.jpg
Jaguar_XJ220_for_sale_11.jpg
Jaguar_XJ220_for_sale_12.jpg
Jaguar_XJ220_for_sale_13.jpg
Jaguar_XJ220_for_sale_14.jpg
Jaguar_XJ220_for_sale_15.jpg

この車で恐らく一番残念に思われるところ、V6エンジン。ターボでものすごくハイパワーとはいえ…。
Jaguar_XJ220_for_sale_16.jpg
Jaguar_XJ220_for_sale_17.jpg

申し訳程度のラッゲージスペース。まぁこれだけ長いテールですから、前後方向はそれなりにありますが、
下にサイレンサーとかがあるためか、天地はすごく狭くなっています。
Jaguar_XJ220_for_sale_18.jpg

プロトタイプが発表されたときのスケッチ。こんなふうに美しいV12エンジンが描かれていました。
Jaguar_XJ220_prototype_19.jpg
Jaguar_XJ220_prototype_20.jpg

そのプロトタイプに乗っていたV12エンジン。エアファンネルがきっちり12個並んでてかっこいいです。
よく見るとボルトの頭が錆びてたりして年期を感じますが…、せっかく外から見えるようにしたエンジンなら
やっぱりこういう見た目の美しいのがいいです。
Jaguar_XJ220_prototype_21.jpg
Jaguar_XJ220_prototype_22.jpg
Jaguar_XJ220_prototype_23.jpg


Jaguar_XJ220_for_sale_24.jpg





このプロポーションと顔つき、それがこの車の一番の魅力かな、個人的には…。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

McLaren MP4-X マクラーレンが考えた未来のF1マシン [モーターショー、ニュース、レース、他]

McLaren_MP4-X_01.jpg


マクラーレンが発表した、未来のF1コンセプトモデルのCG。
レッドブルやフェラーリが同様のものを以前発表していますが、マクラーレンもそれらに追随する形です。

McLaren Formula 1 – Official Website
http://www.mclaren.com/formula1/car/mclaren-mp4-x/

マクラーレンMP4-X 動画と画像12枚: F1コンセプトカーを発表 - F1通信 http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/52003630.html

マクラーレン、未来のF1カー『McLaren MP4-X』を公開 【 F1-Gate.com 】
http://f1-gate.com/mclaren/f1_29378.html


こういうの作ってどういう意味が…とも思いますが、形が魅力的なら、カッコ良ければ歓迎です。
レッドブルやフェラーリと比べると、形はどれもそれぞれに良いところがありますが、カラーリングに関しては
このマクラーレンが一番いいです。好みです。 レッドブルのカラーリングはどうもいまひとつ好みじゃなくて…。

財政的に余裕のあるチームがこの種のコンセプトモデルを発表するのは、これらがメディアに取り上げられることに
よってセールスプロモーションとか、スポンサー活動につながるから、ということなのかなと思うのですが、
実際のところはどうなんでしょう? まぁ私なんかも、これらのスケールモデルとかあれば欲しいと思うんですがw

McLaren_MP4-X_02.jpg
McLaren_MP4-X_03.jpg
フロントフェンダーのデザインはもう少し洗練されたものにしてほしいと思いますが、ノーズはわりと自然で
今の現実のF1よりもずっと良いです。見た目だけなら、もっとローノーズなのが好みですけど。

McLaren_MP4-X_04.jpg
McLaren_MP4-X_05.jpg

前後のフェンダーとこういうキャノピー、つけたほうがいいとずっと思っているんですが、なかなかそうは
なりませんね、現実のF1は。安全性の面でもスタイリング(カッコイイということはそれだけで潜在的なファンを
増やすことにつながる)の面でも良いと思うんですが…。

McLaren_MP4-X_06.jpg
McLaren_MP4-X_07.jpg

このフロントスクリーンの柄は…もしかしてソーラーセルという想定でしょうか?ソーラーセル越しに見る視界…
そんなのイヤじゃないかな…。グラフィックとしてはちょっとかっこいいけど。
McLaren_MP4-X_08.jpg
McLaren_MP4-X_09.jpg

ものすごく大きなハニカム目が見えますが、これはイメージ的なグラフィック、ということなんでしょうね。
軽量高剛性なパネルを作るときにCFRPの間にアルミやノーメックスなどのハニカムコアを挟んで成形することが
多いのですが、それを視覚的に表現したものなのでしょう。実際のハニカムコアはもっとずっとピッチが細かく、
大雑把に言ってここで見えるものの1/10以下かと思います。

もうずっと前の話になりますが、某国産メーカーのコンセプトカーの企画会議で、同じような表現を提案したら、
軽く却下されたことがあります。自分の会社の社長に。 いいと思ったんだけどなw 

McLaren_MP4-X_10.jpg

下回りは整流のためのフィンやウインドートンネル的な造作が気持ちよく施されています。
現実のF1ではレギュレーションによってなかなか思い通りに作れないところでも、この種のコンセプトモデルなら
やりたい放題。本当はこういうのを作りたいのに!という言う気持ちを普段抑えてやってるんでしょうから、
こういう機会に思い切り発散していただくのは、見てるこちらとしても気持ちがいいです。

McLaren_MP4-X_11.jpg
McLaren_MP4-X_12.jpg



動画
McLaren MP4-X Concept Car

この動画自体はマクラーレンというブランドから期待するほどの内容ではなく、ややお手軽に作ったような感じ
でした。もうちょっとリアリティのある、迫力のあるのを見たかったです…。




レギュレーション抜きにアイディアを思い切り形にしてみたい…、やっぱりそう思いますよね。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車








この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。