So-net無料ブログ作成




Lancia Stratos Zero (1970) [車、カーデザイン]

01_Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_01.jpg


前回取り上げたフェラーリ 512S モデューロと同じ年、1970年に発表されたベルトーネのコンセプトカー、
ランチア・ストラトス・ゼロ。もうほんとに刺さるようなというか、切れ味のいい刃物のようなデザインです。


Old Concept Cars
Lancia Stratos Zero (1970)
http://oldconceptcars.com/1930-2004/lancia-stratos-zero-1970/


02_Ferrari_512_S_Modulo_and_Lancia_Stratos_Zero_02.jpg
03_Ferrari_512_S_Modulo_and_Lancia_Stratos_Zero_03.jpg
04_Ferrari_512_S_Modulo_and_Lancia_Stratos_Zero_04.jpg

モデューロと比較すると、同じような平べったいシャープな形でありながら、ストラトス・ゼロのほうは前傾姿勢を
とっているように感じられることと思います。これはデザイナー、ガンディーニの特徴のひとつといえます。
モデューロのほうは平和で明るい未来、ストラトス・ゼロは何だかちょっと危なそうな雰囲気が…しないでもありません。
個人的な好みとしてはずっとこちら、ストラトス・ゼロのほうが上です。

Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_05.jpg

このサイドパネルの造形、すごく惹かれます。魅力的。 技術的な意味はあんまり無さそうなのがアレですけど…。

Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_06.jpg

一見してドアがどうなっているのか、サイドウインドーはどうなっているのか、色々疑問が出てくるデザインです。
ガンディーニのデザインするいわゆるスーパーカーのデザインを、第一印象で見る人の神経を軽くさっと逆撫でし、
そのすぐ後でひきつけずにおかない、そんな表現をした人がいますが、まさにそんな感じ、うまい表現だなと思いました。
また、“とても車とは思えない。でも、これぞ車っていう気もする。” これは随分古いあるマンガの中で、カウンタックを
初めて見た、車にあまり興味が無いカメラマンのセリフなのですが、これも本当にそうだなと思い、いたく共感しました。
このストラトス・ゼロも同じようなものを感じます。これぞ車、という感覚はやや薄いですが。

Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_07.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_08.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_09.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_10.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_11.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_12.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_13.jpg

この車が出来たとき、ヌッチオ・ベルトーネはとても気にいって、すごくいいのが出来た!これ見たらみんな驚くぞー
…と思って意気揚々とショーに出展したのですが、ショーでの反応はいまひとつパッとせず…、随分ガッカリしたと、
後に語っています。 ヌッチオの気持ちも、あんまり反応しなかったまわりの反応も、どちらもわかる気がします。 

Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_14.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_15.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_16.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_17.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_18.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_19.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_20.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_21.jpg
これがサイドウインドー。乗員の横顔は見えないようです。

Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_22.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_23.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_24.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_25.jpg
メーターパネル。前に置けないのでこの位置に。やや強引な未来っぽさの演出を感じますが、それはこの車は他の箇所も
いろいろみんなそうなので…。現代のテスラなどの超大型タッチパネルと同じくらいの大きさでしょうか。

Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_26.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_27.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_28.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_29.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_30.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_31.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_32.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_33.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_34.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_35.jpg
フロントウインドシールドを開けて…、これが乗降用のドアなわけです。その前側の黒い部分は踏んでもいいように
普通の塗装面ではなくてこういう処理をしてあるんだそうです。ボディを踏んで乗り込むって…。

Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_36.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_37.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_38.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_39.jpg
こんな狭いところに無理やり乗り込んで何がいいんだか…でも、なんか楽しそう。

Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_40.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_41.jpg
エンジンフード。このデザインは正直どうかと思います。
そして、開けると…古色蒼然。でも、ちゃんと縦置きミッドシップ。

Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_42.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_43.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_44.JPG

かなしくもオークションに出品されたときの写真。
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_45.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_46.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_47.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_48.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_49.jpg


Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_50.jpg

ベルトーネの世代違いの他のコンセプトカー達と。左からブラーボ、アトン、ストラトス・ゼロ。
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_51+Bravo+Athon.jpg

デザインとして破綻気味のディティールが散見されたり、どう見ても実現しなそうなところも多々ありますが、
シャープで繊細、独特な造形は他に代えがたい魅力的なものです。そしてこのデザインを現物(もちろんランニング
プロト)にして見せたというところがまたすばらしいです。いい意味で時代を感じる、とても惹かれるデザインです。






批判する人も多いけれど、他に代えがたい魅力的なデザイン…。


あけましておめでとうございます 2016年元旦

2016_Ash010_ASH_INSTITUTE_for_blog.jpg

みなさま、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

昨年、2015年中ばまでは中々進展しない懸案があってもどかしい思いをしていましたが、終盤になっていろいろと
解決していき、加えて思いもかけない良いことも重なり、新年の2016年はほぼ全てにおいて明るい見通しで迎えられる
こととなりました。関わっている全ての方々に感謝したいです。

2016_IF-02RDS_side+drawing+section_wire_1750x1000.jpg




年末にやってみたYahoo!の無料占いの結果がバカみたいにいいことばっかり書いてあって、何だかもぅ…。


 “2016年、大津さんはあらゆる星の中でも、最高の開運期を迎えます。ただし、それは宝くじが突然当たるとか、
 やりたいこともないのに大成功する、とかいうタナボタ的なことではありません。出世を望んで頑張ってきた人は
 評価され、結婚相手を探していた人には理想の相手が現れる、というように願望に見合った結果がやってくるんです。
 この時期にキーワードとなるのは「目標を定める」ということ。ここで始めたことは、今後長く継続していくのが
 鉄則ですから、実現可能な目標設定することが大切です。
 最高の開運期にものごとを始めておくかどうかで、今後数年間の人生が左右されます。エンジン全開で、いい種まきを
 しておきましょう。”

 総合運 : 2016年は恋愛も仕事も金運も健康も、すべてが快調です。
 恋愛運 : 恋愛運は大幸運期に入り、あらゆる面で幸運を体感できるでしょう。
 仕事運 : 最高の開運期にあたり、仕事運も飛ぶ鳥を落とす勢いです。
 金 運 : 良い波がやってきていますので、順調な生活を送れるはずです。
 結婚運 : 2016年は、非常に多くの良縁に恵まれることになります。
 出会い : 2016年は自分でも驚いてしまうほどの良い出会いがあるでしょう。
 対人運 : これまでの考えに縛られずに行動していくということが大切です。


なんて感じで、もっと詳しいことはお金を出してね、ということなのでここまでです。
思いっきり気分のいいこと並べまくって有料のところへ誘うやり方なのか、ほんとにこうなのかわかりませんが、
それに恋愛運とか結婚運はアレですがw 仕事とか出会いとかが本当にこんなだといいなと思います。

まったく偶然ですが、昨年からお話をいただいていたいくつかの仕事は長ければ数年にも及ぶ、私にとってはかなり
大きな、そしてとても望ましい内容の仕事であり、それらがこういう見通しであるなら、こんないいことはありません。

まぁ占いがどうであろうと、今いただいている中長期の仕事がみんなうまくいって、お客様も自分も満足できるものに
なるよう、そして後悔する事が無いよう、精一杯がんばろうと思います。





占いとかはともかく、会心の仕事となるようがんばろう…。