So-net無料ブログ作成
検索選択




車、カーデザイン ブログトップ
前の10件 | -

Lancia Stratos HF Prototype (1971) [車、カーデザイン]

Lancia_Stratos_HF_Prototype_01.jpg


随分間が開いてしまいましたが(2月いっぱい仕事がきつくてキツクテ…ブログどころの騒ぎじゃありませんでした)、
前回取り上げたランチア・ストラトス・ゼロに続いて今回取り上げるのは、そのストラトスの量産版に向けての
プロトタイプ、ストラトスHFプロトタイプ。名前こそ同じストラトスとつきますが、形はかなり変わって、
かなりまともというか、すくなくとも不通に乗り降りできるようなごくまっとうなドアがついています。
とはいえ、この形。2次曲面の一部を切り取ったと思われるフロントウインドーの形状が特に印象的です。


1971 Lancia Stratos HF Prototype - Conceptcarz
http://www.conceptcarz.com/vehicle/z1573/Lancia-Stratos-HF-Prototype.aspx


Lancia_Stratos_HF_Prototype_02.jpg
Lancia_Stratos_HF_Prototype_03.jpg
Lancia_Stratos_HF_Prototype_04.jpg
Lancia_Stratos_HF_Prototype_05.jpg
このフロントビューはいつ見ても惹かれます。シャープでモダンで、当時考えられた未来を感じます。
横から見ると、前から見た印象と違って、あれ?っと思うほど、かなり寸詰まりなことに驚きます。
もっとうんと長く見えた鼻先はこんなに短くて、ホイールベースも極端なまでに短く、全体的にはこんなに
短いのか…。

Lancia_Stratos_HF_Prototype_06.jpg
実際にはコンパクトでありながら、もっとずっと大きくて立派なものに見える、こういうのはとても優れた
そして魅力的なデザインだと個人的には思うのですが、これにはノーズ全体の強い傾きとフロントウインドーの
やはり強い傾き、そしてプランビューでの絞りがほとんど無いことなどがあいまって、前から見たときにルーフ
が随分遠く、フロントエンドから距離があるように見えて、ある意味遠近感を狂わされてこう感じるのか…、
この感覚は当時のいわゆるスーパーカーの多くでしばしば感じられることで、好きなポイントのひとつです。

Lancia_Stratos_HF_Prototype_07.jpg
Lancia_Stratos_HF_Prototype_08.jpg
Lancia_Stratos_HF_Prototype_09.jpg
フロントはとても好みなのですが、このリヤコンビランプは…、
なんかもうちょっとやりようが無かったものかと正直思います。

Lancia_Stratos_HF_Prototype_10.jpg
Lancia_Stratos_HF_Prototype_11.jpg
このドアハンドルも、よく見るとこんな針金みたいに細いレバーで、色々むき出しのまま。機能を満たせば
それで良しということなのか、ある意味アヴァンギャルドなのか…。

Lancia_Stratos_HF_Prototype_12.jpg
Lancia_Stratos_HF_Prototype_13.jpg
こういうシンプルな矩形を並べたパターンのスリット状のエアアウトレットはこの頃のベルトーネ作品、
アルファロメオ・カングーロとかモントリオールとかでも見られる処理ですし、車に限らずこの頃の他の
工業製品でもよく見られたデザインで、いわば当時のトレンドといえるものだったと思います。
いい意味で当時を感じられて個人的には心地よく思えるところのひとつです。

Lancia_Stratos_HF_Prototype_14.jpg
Lancia_Stratos_HF_Prototype_15.jpg
ホイールも近くで見るとこんなことになっています。鋳造の鋳肌も粗さが当時らしいです。このホイール、
あまり軽そうにも見えないし…、これに関しては市販版のスポークの長いほうのデザインが一番いいと思います。

Lancia_Stratos_HF_Prototype_16.jpg
Lancia_Stratos_HF_Prototype_17.jpg
Lancia_Stratos_HF_Prototype_18.jpg
こちらに向かって走ってくるHFプロト、カッコイイです。

Lancia_Stratos_HF_Prototype_19.jpg
Lancia_Stratos_HF_Prototype_20.jpg
走り去る後姿は…、悪くない、ですね。 リヤコンビランプはやっぱりちょっとびっくり、なんですけど
それでも全体的な雰囲気が周囲の景色から浮いてて非日常を感じさせてくれて、そのことのほうが大きくて、
単独で見ると何でこんな…と思ったリヤコンビランプもそれほどは気になりません。

Lancia_Stratos_HF_Prototype_21.jpg
Lancia_Stratos_HF_Prototype_22.jpg
多分本物だと思うのですがなんだかミニカーっぽく見える写真。この車はそう見えることがしばしば。

Lancia_Stratos_HF_Prototype_23.JPG
Lancia_Stratos_HF_Prototype_24.jpg
Lancia_Stratos_HF_Prototype_25.jpg
Lancia_Stratos_HF_Prototype_26.jpg
フロントフェンダーは大きなホイールストロークをまかなうために一般面から飛び出した形になっていて、
それがこの車のデザイン上の魅力のひとつにもなっているのですが、その他の部分、全体的にはごくシンプルな
造形といえます。
短く極端なウェッジシェイプ、豊かな張りのサイドパネル、それだけで造形されたウェストラインより下の
ボリュームに、2次曲面から切り出したシンプルにしてシャープなイメージのフロントウインドーとそれにつながる
サイドウインドーとルーフで構成されるキャビンを載せた、わかりやすい(認識しやすい)造形。余計なものが
あまり無く、それがとても心地よく魅力的です。うるさいほど色々なキャラクターライン、プレスラインの入った
最近の多くのものよりもずっと。

Lancia_Stratos_HF_Prototype_27.jpg
Lancia_Stratos_HF_Prototype_28.jpg
Lancia_Stratos_HF_Prototype_29.jpg
隣のターコイズブルーというかエメグリーンというかのコンセプトカーも当時らしいデザインですが、
おもむきはかなり異なります。

Lancia_Stratos_HF_Prototype_30.jpg
Lancia_Stratos_HF_Prototype_31.jpg
Lancia_Stratos_HF_Prototype_32.jpg
Lancia_Stratos_HF_Prototype_33_sketch.jpg
Lancia_Stratos_HF_Prototype_34_layout.jpg
この前後カウルの開き方がまたいいですね。


カウンタックもそうですが、このストラトスもこのデザインで(市販版はまた少し変更はありますが、形状的には
ほぼこのままといえますので)実際に市販車を作って売ったということがすごいと思います。しかもストラトスの
場合は世界ラリー選手権に出て、総合優勝するという目的をきっちりと達成しているのですから、もう本当に立派、
大したものです。このデザインだから速かった、このデザインだから勝てた、というわけではないんでしょうが、
何にしても、こんな形の車がラリーで本当に速いなんて、関係者以外は信じられなかったのではないかと思います。






ゼロもいいけど、こっちのプロトタイプもいいなぁ、すごく魅力的…。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

Lancia Stratos Zero (1970) [車、カーデザイン]

01_Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_01.jpg


前回取り上げたフェラーリ 512S モデューロと同じ年、1970年に発表されたベルトーネのコンセプトカー、
ランチア・ストラトス・ゼロ。もうほんとに刺さるようなというか、切れ味のいい刃物のようなデザインです。


Old Concept Cars
Lancia Stratos Zero (1970)
http://oldconceptcars.com/1930-2004/lancia-stratos-zero-1970/


02_Ferrari_512_S_Modulo_and_Lancia_Stratos_Zero_02.jpg
03_Ferrari_512_S_Modulo_and_Lancia_Stratos_Zero_03.jpg
04_Ferrari_512_S_Modulo_and_Lancia_Stratos_Zero_04.jpg

モデューロと比較すると、同じような平べったいシャープな形でありながら、ストラトス・ゼロのほうは前傾姿勢を
とっているように感じられることと思います。これはデザイナー、ガンディーニの特徴のひとつといえます。
モデューロのほうは平和で明るい未来、ストラトス・ゼロは何だかちょっと危なそうな雰囲気が…しないでもありません。
個人的な好みとしてはずっとこちら、ストラトス・ゼロのほうが上です。

Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_05.jpg

このサイドパネルの造形、すごく惹かれます。魅力的。 技術的な意味はあんまり無さそうなのがアレですけど…。

Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_06.jpg

一見してドアがどうなっているのか、サイドウインドーはどうなっているのか、色々疑問が出てくるデザインです。
ガンディーニのデザインするいわゆるスーパーカーのデザインを、第一印象で見る人の神経を軽くさっと逆撫でし、
そのすぐ後でひきつけずにおかない、そんな表現をした人がいますが、まさにそんな感じ、うまい表現だなと思いました。
また、“とても車とは思えない。でも、これぞ車っていう気もする。” これは随分古いあるマンガの中で、カウンタックを
初めて見た、車にあまり興味が無いカメラマンのセリフなのですが、これも本当にそうだなと思い、いたく共感しました。
このストラトス・ゼロも同じようなものを感じます。これぞ車、という感覚はやや薄いですが。

Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_07.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_08.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_09.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_10.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_11.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_12.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_13.jpg

この車が出来たとき、ヌッチオ・ベルトーネはとても気にいって、すごくいいのが出来た!これ見たらみんな驚くぞー
…と思って意気揚々とショーに出展したのですが、ショーでの反応はいまひとつパッとせず…、随分ガッカリしたと、
後に語っています。 ヌッチオの気持ちも、あんまり反応しなかったまわりの反応も、どちらもわかる気がします。 

Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_14.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_15.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_16.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_17.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_18.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_19.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_20.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_21.jpg
これがサイドウインドー。乗員の横顔は見えないようです。

Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_22.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_23.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_24.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_25.jpg
メーターパネル。前に置けないのでこの位置に。やや強引な未来っぽさの演出を感じますが、それはこの車は他の箇所も
いろいろみんなそうなので…。現代のテスラなどの超大型タッチパネルと同じくらいの大きさでしょうか。

Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_26.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_27.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_28.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_29.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_30.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_31.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_32.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_33.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_34.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_35.jpg
フロントウインドシールドを開けて…、これが乗降用のドアなわけです。その前側の黒い部分は踏んでもいいように
普通の塗装面ではなくてこういう処理をしてあるんだそうです。ボディを踏んで乗り込むって…。

Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_36.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_37.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_38.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_39.jpg
こんな狭いところに無理やり乗り込んで何がいいんだか…でも、なんか楽しそう。

Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_40.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_41.jpg
エンジンフード。このデザインは正直どうかと思います。
そして、開けると…古色蒼然。でも、ちゃんと縦置きミッドシップ。

Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_42.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_43.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_44.JPG

かなしくもオークションに出品されたときの写真
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_45.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_46.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_47.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_48.jpg
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_49.jpg


Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_50.jpg

ベルトーネの世代違いの他のコンセプトカー達と。左からブラーボ、アトン、ストラトス・ゼロ。
Lancia_Stratos_Zero_by_Bertone_51+Bravo+Athon.jpg

デザインとして破綻気味のディティールが散見されたり、どう見ても実現しなそうなところも多々ありますが、
シャープで繊細、独特な造形は他に代えがたい魅力的なものです。そしてこのデザインを現物(もちろんランニング
プロト)にして見せたというところがまたすばらしいです。いい意味で時代を感じる、とても惹かれるデザインです。






批判する人も多いけれど、他に代えがたい魅力的なデザイン…。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

Pininfarina Ferrari 512S Modulo (1970) [車、カーデザイン]

Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_01.jpg


前回取り上げたフェラーリ 512S スペチアーレ に続いて、ピニンファリーナが1970年3月ジュネーブショーで
発表したコンセプトカー、フェラーリ 512S モデューロ。
デザインの方向としてはとにかく未来。とにかく明るい安村 みたいですが、もう本当に未来、迷い無く明るい未来
を見ています。そういうことですからタイヤは隠す方向(本当は無くしたいくらいのいきおい)、まさに未来都市の
透明なチューブの中を飛んでいるエアカーのようなイメージです。

Ferrari 512 S Modulo Concept (1970)
http://oldconceptcars.com/1930-2004/ferrari-512-s-modulo-concept-1970/


Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_02.jpg
前回取り上げた512S スペチアーレ の写真に登場する女性モデルについては無いほうがいいと書きましたが、
このモデルさんはいいですね。こういう上品な使い方は好みです。また、ピニンファリーナらしい気もします。

Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_03.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_04.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_05.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_06.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_07.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_08.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_09.jpg

発表されたのは512S スペチアーレよりもこちらのほうが後なのですが、実はこちらのほうが先に完成して
いました。それが順番を変えて発表したのには訳があります。

ピニンファリーナ社内での評価は2台ともすばらしいものでした。
フェラーリ製の同じシャシーを使って社内で競作させたら、すっごくいいのが2台出来てしまったわけです。
さすがピニンファリーナ、当時同社に在籍していたのデザイナー達の力量がいかにすばらしいものだったか、
それがうかがえる(いくつかある)エピソードのひとつでもあります。

さて、この2台のどちらかをウイナーにして、他方をお蔵入りにしてしまうのはあまりにもったいない。

どうする?

両方発表したい。
だが、これを出来た順番に発表したら、モデューロを見た後では512S スペチアーレが古く見えてしまう(!)かも
しれない…。それは避けたい。こんなにステキなデザインなのだから。

じゃ、どうする?

うーむ…、順番を変えよう。

というような経緯で、後から完成したにもかかわらず、まず512S スペチアーレが1969年11月のトリノショーで
発表され、そのすぐ後、翌年1970年3月のジュネーブショーでモデューロが発表されることとなりました。
モデューロはあまりに先進的、未来感あり過ぎだったのです。



Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_10.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_11.jpg

発表されたモデューロの評判は…
まさにピニンファリーナが危惧したとおりというか、きっとそれ以上に、世界的に高い評価を得ました。
いわく、史上最も未来的な車。こんな表現は時代とともに現れる新しい車に受け継がれていくのではないかと
思うのですが、これに関してはそうはならず、この言い方がその後何年たっても特に訂正もされていないようです。
いかにこの車のデザインが突出していたかということです。車に大して興味が無い人も、素直にそう受け止めたの
ではないでしょうか。

この車がそんな高評価を世界的に得たものですから、当初ピニンファリーナが恐れたこと、十分傑作といえる
512スペチアーレが不本意な評価を受けてしまうこと… は直接的には避けられたのかもしれませんが、人々の
記憶にはモデューロだけが強く残り、他はかすんでしまった。そしてその中の1台になってしまった、というのは
残念ながら事実のようです。

モデューロは当時タイミング良く開催された日本の大阪万博にも展示され、そこでも人気を博しました。


Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_12.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_13.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_14.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_15.jpg

かなりあっさりしたインテリア。こういう傾向はこの頃のコンセプトカーに多いのですが、まだ皆さんインテリアに
それ程力を入れていなかったようで、ガンディーニが何かのインタビューで、“当時のインテリアはエクステリアが
出来てからサクサクッと作ったもので…”などと言っていて、まぁそういうことなんでしょう。大体、まだこの頃は
インテリアデザイナーというくくりも無かったんじゃないかと思いますし。

Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_16.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_17.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_18.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_19.jpg

ただ、個人的にはこのモデューロのデザインにそれほど共感するものではなく、好みというわけではありません。
表現が適切かどうかはさておき、良く出来た学生の作品のような、車以外のインダストリアルデザイナーの作品の
ような、未来都市を舞台にした映画に出てくる架空の車…そんな感じがして、いまひとつ魅力的に見えないです。
良くも悪くも車らしく見えないところがそう思わせるのかもしれません。

Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_20.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_21.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_22.jpg
ばん金のための木型と一緒に。

Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_23.jpg
この木型自体がステキなオブジェのよう。

Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_24.jpg
この写真自体はやらせでしょうけど、ボディはFRPではなく金属の薄板、恐らくアルミを手叩きでしょうか。

Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_25_sketch_by_Paolo_Martin_Pininfarina_1967.jpg
デザイナー、パオロ・マルティンの描いたアイディアスケッチ。これが描かれたのは1967年のようです。

Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_26_sketch_by_Paolo_Martin_Pininfarina_1967.jpg
当時のスケッチと、後年イラストレーターとかフォトショップで描かれたと思しきスケッチ。



Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_and_Lancia_Stratos_Zero_27.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_and_Lancia_Stratos_Zero_28.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Modulo_and_Lancia_Stratos_Zero_29.jpg
同じ時期に発表されたベルトーネのストラトス・ゼロと並んで展示されているモデューロ。こんな2台を同時に
見られるなんて、何ともうらやましい状況。
そういうテーマでカラボとか、ブーメランとか集めて展示してくれたら…、いやいっそのこと、60年代末から
70年代前半頃の傑作コンセプトカーを一堂に集めて見せてくれるようなイベント、やってくれないかな。
“1970年前後の傑作コンセプトカー展”とか銘うって、美術品の絵画や彫刻などで行われているように世界ツアーを
やっても…というのはさすがに無理があるか。でもそんなのあったら、普通のモーターショーよりも間違いなく
行きたいです。

という妄想はさておき…、上の写真を見て感じるのは、とがり具合ではモデューロを上回るほどでありながら、
タイヤが露出していることもあって、幾分車らしく見え、しかも独創性に富んだストラトス・ゼロのデザインの
何と魅力的なことかということ。次はこれを取り上げてみようと思います。







好みかどうかはさておき、非常にレベルが高いデザイン…。

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

Pininfarina Ferrari 512S Berlinetta Speciale (1969) [車、カーデザイン]

Pininfarina_Ferrari_512S_Berlinetta_Speciale_01.jpg


ピニンファリーナが1969年11月のトリノショーで発表したコンセプトカー。
ランボルギーニカウンタックの発表が1971年ですので、それよりも2年早いタイミングです。
これをもって、さすがピニンファリーナ、ベルトーネの先を行っていたか… ということではなくて、
この種の極端なウェッジシェイプはこの頃のトレンドだったということです。思いつくところで、
アルファロメオ・カラボ 1968年
ランチア・ストラトス・ゼロ 1970年
マセラティ・ブーメラン 1971年
などなど…、刺さりそうなほど鋭い形がワラワラ出てきます。これらコンセプトカーの情け容赦ない
とがりっぷりをみると、カウンタックなど、むしろおとなし目のほうであったかとさえ思えてきます。

1969 Ferrari 512S Speciale (Pininfarina) - Studios
http://www.carstyling.ru/en/car/1969_ferrari_512s_speciale/

969 Ferrari 512 S Berlinetta Speciale Pininfarina Concept
https://www.facebook.com/1969Ferrari512SSpecialePininfarinaConcept.V.C0071



Pininfarina_Ferrari_512S_Berlinetta_Speciale_02.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Berlinetta_Speciale_03.jpg

ウェッジではありますが、ショルダーラインの抑揚など、車らしさというか、ピニンファリーナらしい
優雅さのようなものが感じられますし…、
Pininfarina_Ferrari_512S_Berlinetta_Speciale_04.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Berlinetta_Speciale_05.jpg

同じ頃に同社が発表したアバルト2000スコルピオーネなどとも共通性が感じられるデザインです。

Fiat Abarth 2000 Scorpione 1969年発表コンセプトカー  2014年8月4日
http://ash-institute.blog.so-net.ne.jp/2014-08-04

Pininfarina_Ferrari_512S_Berlinetta_Speciale_06.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Berlinetta_Speciale_07.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Berlinetta_Speciale_08.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Berlinetta_Speciale_09.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Berlinetta_Speciale_10.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Berlinetta_Speciale_11.jpg

カラーがイエローというところも、最初のカウンタックのプロトタイプと同じで(繰り返しますがこっちが先)、
余計そう思わされるのかもしれませんが、このフロントまわりなど、カウンタックとかなり似たイメージです。
当時のベルトーネのチーフ、若き日のガンディーニは結構影響を受けた…かどうかわかりませんが、似てはいます。
Pininfarina_Ferrari_512S_Berlinetta_Speciale_12.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Berlinetta_Speciale_13.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Berlinetta_Speciale_14.jpg
こういう女性モデルの使い方、車のデザインとともに時代を感じさせます。 車のデザインでは60年代後半から
70年代前半は本当にすばらしいと思うのですが、こういう写真の女性モデルの使い方はちょっと…正直いないほうがいいなぁと思います。

Pininfarina_Ferrari_512S_Berlinetta_Speciale_15.jpg
こんなふうにギヤボックスが後ろから見えるのって魅力的。今ならディフューザーで隠れてしまいますけど。

Pininfarina_Ferrari_512S_Berlinetta_Speciale_16.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Berlinetta_Speciale_17.jpg
Pininfarina_Ferrari_512S_Berlinetta_Speciale_18.jpg

総じて、当時としては十分前衛的でまとまりもよくきれいなデザイン(あっさり目で個人的にはかなり好み)
ですが、後のカウンタックななどと比べるとややインパクトが弱かったかもしれません。
それでも、もしもこれが市販されていたら…、それはそれでセンセーショナルで、カウンタックがあれほどの
インパクトを世界中に与えられたかどうか、少しばかり疑問にもなります。

カウンタックの特徴としては、まずあの前衛的なデザイン、メカニカルレイアウト、そして剛性の塊のような
パイプワークのフレーム…などなど色々ありますが、何よりすごいのはあの形でちゃんと市販されたということ
です。(ちゃんとというのはとらえ方次第で色々ありますが…、それはまた話が違うので、ここでは触れません)
ショーモデルを見た誰もが、まさかあの形のまま市販されるとは、夢にも思わなかったでしょう。
よく見ていくと、ちゃんと市販車として成り立つように色々考えられていることがわかるのですが、そんなことを
思わせないほどの浮世離れっぷり。まさに冒頭で取り上げたコンセプトカー達の仲間にしか見えませんでした。

そしてもうひとつ、この車、512S Berlinetta Speciale がこれだけのデザインのわりに記憶に強く残らなくなった
理由があります。同じピニンファリーナでほぼ同時期に(正確にはこれよりも少し前に)作られ、この車のすぐあとで発表され、同社のイメージシンボルにもなるような傑作が翌年発表されるからです。
その傑作については次回取り上げようと思います。








黄色って、形が良くないと似合わない というのは持論のひとつ…。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

Vector W2 and W8 衝撃の世界最速(当時)の車 [車、カーデザイン]

Vector_W2_00.jpg


前の記事に続いて、最近のニュースでもなんでもなく、ただ好みということで今回はアメリカのベクター。
初めて雑誌で見たときは結構な衝撃を受けました。
世界で最も速い車はフェラーリ?ランボルギーニ?そのどれでもなくこのベクターです。
という当時のうたい文句もセンセーショナルでした。

Wikipedia ベクター・W8

Wikipedia ベクター・M12



1978年に発表されたプロトタイプ、W2。
Vector_W2_02.jpg

カウンタックなどとイメージが重なる(特に前半)ウェッジシェイプのスタイリング。そこにステルス戦闘機を
思わせるような雰囲気が加わって独特の迫力をかもし出していて、それが大きな魅力です。最初に見たボディ
カラーがブラック系だったこともその印象を強めたものと思われます。

Vector_W2_03.jpg
Vector_W2_04.jpg
Vector_W2_05.jpg
Vector_W2_06.jpg
Vector_W2_07.jpg
Vector_W2_08.jpg
Vector_W2_09.jpg

ものすごく見づらそうなメーター(?)類。戦闘機っぽいといえばいえなくもないですが…。
インテリア全体の雰囲気はエクステリアと合っているとは思いますし、個人的には嫌いじゃなくて、
むしろ他のどの車にも似ていない魅力を持たせられる可能性は感じました。
Vector_W2_10.jpg
Vector_W2_11.jpg


W2の発表から10年が経過した1988年、ようやく発表された市販版であるW8。
サイドウインドーの一部が開閉可能になったり、他にも細かい変更があるようです。
Vector_W8_12.jpg
Vector_W8_13.jpg
Vector_W8_14.jpg
Vector_W8_15.jpg
Vector_W8_16.jpg
Vector_W8_17.jpg
Vector_W8_18.jpg

フロントフードの開き方が独特。長いアームを使った、“大きく逃げる”ダブルリンク。
Vector_W8_19.jpg

Vector_W8_20.jpg
Vector_W8_21.jpg
Vector_W8_22.jpg
Vector_W8_23.jpg
Vector_W8_24.jpg

インテリアの計器類は洗練されて随分見やすくなったようです。それでもスイッチ類を含めて全体の雰囲気は
やはり戦闘機調。車のインターフェイスとしてはまだ全然不親切に思えますが、個人的には好みの傾向なので
悪くないです。魅力的に見えますw
Vector_W8_25.jpg
Vector_W8_26.jpg
Vector_W8_27.jpg
Vector_W8_28.jpg
Vector_W8_29.jpg

ビジネスとしては決して成功とは言えなかったようですが、いい意味でひとつのアメリカらしさがあふれた
すごい車だったと思います。

Vector_W8_30.jpg
Vector_W8_31.jpg
Vector_W8_32.jpg
Vector_W8_33.jpg
Vector_W8_34.jpg


時々売り物が出ていて、それなりの値段がついているようです。

1992 Vector W8 Twin Turbo | Monterey 2014 | RM Sotheby's
http://www.rmsothebys.com/mo14/monterey/lots/1992-vector-w8-twin-turbo/1067559

1992 Vector W8 Twin Turbo | Automobiles of London 2010 | RM Sotheby's
http://www.rmsothebys.com/lf10/automobiles-of-london/lots/1992-vector-w8-twin-turbo/568153



この車も、いつか現物を見てみたいと思っているもののひとつなのですが…、なかなかかないません。

Vector_W2_01.jpg





独特のカッコ良さ、魅力があるということはすばらしいこと…。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

Chevrolet Aerovette 1973 4Rotor Concept Corvette XP-882 [車、カーデザイン]

Chevrolet_Aerovette_1973_01.jpg


突然ですが、今回は70年代の初めにシボレーが発表したコルベットのコンセプトカー、いわゆるエアロベットを
取り上げてみます。単純に好きなスタイリングだから、ということです。

Chevrolet_Aerovette_1973_02.jpg

歴代コルベットの中で私が一番好きなのはC3型の後期ウレタンバンパーになった頃のもので、年代でいえば
73年から79年までのものなのですが、この車はそのフロントのイメージを強く感じさせ、いい意味で70年代らしい
クリーンな造形がとても好みです。サイドビューではどちらが前か後ろかわからないようなプロポーションですが
それも悪くありません。
ちょっと驚くのはエンジン、なんと4ローターのロータリーでミッドシップという、ある意味70年代初め頃らしい
当時の先進のコンセプトです。しかしながら、現在に至るまでロータリーエンジンのまともな市販車はマツダ以外
からはリリースされていない事実からわかるように、この野心的なプロジェクトは、直後のオイルショックの影響で
まず燃費の悪いロータリーエンジンの採用が見送られ、後にレシプロV8エンジン搭載を考えたものの、この種の
スポーツカー自体の開発がないがしろにされ…結局お蔵入りとなってしまいました。

このあたりのことについてはこちら↓に書かれていることが簡潔でわかりやすく、共感できました。

エアロベット
http://blog.goo.ne.jp/kitazawa1961/e/2fee12f22fe837227bfd8df804912247


Chevrolet_Aerovette_1973_03.jpg
Chevrolet_Aerovette_1973_04.jpg
Chevrolet_Aerovette_1973_05.jpg

このフロントエンドと、フロントウインドシールドグラスの形状、いいなぁ。
実際にはフロントガラスをこんなふうに“真ん中で折る”なんていうのはとても許されなさそうですが。
Chevrolet_Aerovette_1973_06.jpg
Chevrolet_Aerovette_1973_07.jpg
Chevrolet_Aerovette_1973_08.jpg
Chevrolet_Aerovette_1973_09.jpg
Chevrolet_Aerovette_1973_10.jpg
Chevrolet_Aerovette_1973_11.jpg
Chevrolet_Aerovette_1973_12.jpg
Chevrolet_Aerovette_1973_13.jpg
Chevrolet_Aerovette_1973_14.jpg

ガルウイングドアも当時のかっこいいアイテムのひとつですね。
しかし、このガルウイングドアは…ドアを開けた時に上にあんまりスペースを必要としないように考えてか、
中間で折れる機構にしてあるのですが、こうすると窓ガラスは昇降できなくなるし、何よりこれでは乗り降り
しにくくなっているんではないかと(折れたドアの下端に頭をぶつないようにするのが結構大変そう)…、
余計なお世話でしょうが心配になってしまいます。

Chevrolet_Aerovette_1973_15.jpg
Chevrolet_Aerovette_1973_16.jpg
Chevrolet_Aerovette_1973_17.jpg
Chevrolet_Aerovette_1973_18.jpg
Chevrolet_Aerovette_1973_19.jpg

さすがロータリーエンジン、コンパクトそうです。
この頃はメルセデスベンツだってロータリーエンジン搭載のスーパースポーツを開発してたんだものな…。
Chevrolet_Aerovette_1973_20.jpg

ミッドシップでこの形、でもちゃんとラッゲージスペースも結構な容積が考えられていたようです。
それにしても、ほんとにこの車のサイドビューをシルエットで見たらどっちが前か後ろかわからなそう。
Chevrolet_Aerovette_1973_21.jpg





確かに時代を感じるが、それも悪くない…どころかとても魅力的。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

Jaguar XJ220 for sale [車、カーデザイン]

Jaguar_XJ220_for_sale_001.jpg


もう何日か前の記事ですが、ジャガーXJ220が売りに出ているということです。

Stunning Silver Jaguar XJ220 Available For Purchase In The UK
http://www.carscoops.com/2015/12/stunning-silver-jaguar-xj220-availale.html


何がどうといわなくてもちゃんとジャガーとわかる顔つき、しかもこれだけスーパーらしくて、とても魅力的です。
これには車体がかなり大きい(長い)ということが効いているのですが、特にリヤオーバーハングが長いのが、
この種の車としては異例なことです。このリヤオーバーハングの長さは、まじめに超高速走行を考えた結果の形であり、
この車のスタイリング大きな特徴のひとつといえます。この長さが十分あることにより、ジャガーらしい前後の絞りが
気持ちよく出来ているわけです。

Jaguar_XJ220_for_sale_02.jpg
Jaguar_XJ220_for_sale_03.jpg
Jaguar_XJ220_for_sale_04.jpg

このホイールは…、正直全然好みじゃないです。軽そうにも美しくも見えない…。
Jaguar_XJ220_for_sale_05.jpg

Jaguar_XJ220_for_sale_06.jpg
Jaguar_XJ220_for_sale_07.jpg

絞り込んで丸みのあるフロントエンド、そこに長円のフロントグリルというかエアインテーク、そしてやはり
ジャガーらしい丸みのあるヘッドライト外形形状。(この車の場合、リタラクタブルのカバーですが)
Jaguar_XJ220_for_sale_08.jpg

全幅寸法から考えると随分すぼまったリヤエンド。この雰囲気は往年のレーシングカーなどに似た雰囲気です。
Jaguar_XJ220_for_sale_09.jpg

高さが低い意外は驚くほど普通っぽいインテリア。(写真は右ハンドルと左ハンドルが混在していますが、そこは
流してください)いわゆるスーパーカーらしさみたいな派手な演出めいたところは皆無で、人によってはつまらない
とか思いそうでもあります。私もちょっとそう思います。
ちょっと変わっているのは行き場のなくなった補助メーター4個がドアトリム側にあること。

Jaguar_XJ220_for_sale_10.jpg
Jaguar_XJ220_for_sale_11.jpg
Jaguar_XJ220_for_sale_12.jpg
Jaguar_XJ220_for_sale_13.jpg
Jaguar_XJ220_for_sale_14.jpg
Jaguar_XJ220_for_sale_15.jpg

この車で恐らく一番残念に思われるところ、V6エンジン。ターボでものすごくハイパワーとはいえ…。
Jaguar_XJ220_for_sale_16.jpg
Jaguar_XJ220_for_sale_17.jpg

申し訳程度のラッゲージスペース。まぁこれだけ長いテールですから、前後方向はそれなりにありますが、
下にサイレンサーとかがあるためか、天地はすごく狭くなっています。
Jaguar_XJ220_for_sale_18.jpg

プロトタイプが発表されたときのスケッチ。こんなふうに美しいV12エンジンが描かれていました。
Jaguar_XJ220_prototype_19.jpg
Jaguar_XJ220_prototype_20.jpg

そのプロトタイプに乗っていたV12エンジン。エアファンネルがきっちり12個並んでてかっこいいです。
よく見るとボルトの頭が錆びてたりして年期を感じますが…、せっかく外から見えるようにしたエンジンなら
やっぱりこういう見た目の美しいのがいいです。
Jaguar_XJ220_prototype_21.jpg
Jaguar_XJ220_prototype_22.jpg
Jaguar_XJ220_prototype_23.jpg


Jaguar_XJ220_for_sale_24.jpg





このプロポーションと顔つき、それがこの車の一番の魅力かな、個人的には…。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

Lamborghini Miura for sale - The Italian Job ミニミニ大作戦に出ていたランボルギーニ・ミウラ [車、カーデザイン]

Lamborghini_Miura_1968_The_Italian_Job_01.jpg


映画、ミニミニ大作戦(原題:The Italian Job)で印象的な使われ方をしていたランボルギーニ・ミウラ。
そのオレンジの固体が売りに出ているようです。

Famous Lamborghini Miura From Original "The Italian Job" Is For Sale http://www.carscoops.com/2015/11/famous-lamborghini-miura-from-original.html


映画に出ていたとかはあまり興味がありませんが、このスタイリングはやはり魅力的です。


Lamborghini_Miura_1968_The_Italian_Job_02.jpg
Lamborghini_Miura_1968_The_Italian_Job_03.jpg

きわめて意欲的、しかし後から考えれば色々と無理のあるエンジニアリング。それをとにもかくにも実車化してみて
ショーに出した。そこから熟成していこうと思っていたんだと思います、当事のこの車の開発者達は。
しかし反響は想像以上で、いつ売り出すんだ?すぐ売ってほしい、そんな声があまりに多く、すぐにでも見込める
売り上げ(きっとそれは同社としては願ってもないことであったことでしょう)、その魅惑的な見込みに、熟成不足で
あることは重々承知の上で、なかば確信犯ともいえるような状況で、大急ぎで販売を始めてしまった。そんな成り行き
だから、製造しながら、販売しながら、常に設計と製法は細かく“改善のために予告なく変更”され続ける事となった…。

Lamborghini_Miura_1968_The_Italian_Job_04.jpg
Lamborghini_Miura_1968_The_Italian_Job_05.jpg

後のインタビューで開発に携わったボブ・ウォレスが「ミウラは私達のプライドを傷つけるものだった…」と語って
いるのですが、これは上記の事情を言っているのだと思います。本当はもっと熟成して、納得のいくものにしてから
売りたかった、そういうことだと思います。そうだとしたら本当につらかったことだろうと思います。

Lamborghini_Miura_1968_The_Italian_Job_06.jpg

ただ、その熟成のための十分な期間をランボルギーニ社と裕福でわがままな顧客達が許容していたら、もしかしたら
この美しいボディをまとった車は世に出なかったかもしれない、そんなことになっていたかもしれません。
それはどういうことかというと、同社が次のフラグシップ・カーとして発表したカウンタックの成り立ちが、
スタイリング的にもエンジニアリング的にもミウラとはほとんどつながりが無い(ミッドシップ、後輪駆動という
ことだけは共通しますが)ようなものに見えて、そこにはミウラで試してみてうまくいかなかった“反省”が強く現れて
いるともとれるからです。
詳細はここではあえて書きませんが、ミウラを発表してから4年も5年も開発を続けていたら、細かな修正はたまりに
たまって規模も大きくなり、結果としてエンジニアリングに大変革が行われ、パッケージングとスタイリングはそれに
合わせて大変更に…、結果として一代すっ飛ばしてカウンタックになっていたかも… などと思うわけです。
(まさか、そんな、ありえない…そう思われる方も多いと思います。あくまで個人的見解、ひとつの、ややとっぴな
意見ととらえていただいてかまいません)
だから、ミウラがあまり素性のよろしくない熟成不足のエンジニアリングの車となってしまったのは大変残念なことでは
ありますが、このベルトーネの傑作がこの形で世の中に出てきてくれた事は、それだけはつくづく良かったと思います。
ミウラがあってカウンタックがあって、それでこそのランボルギーニだと思います。




そこまで思わせるスタイリング、その力はやっぱりすごいな…。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

NISSAN IDS concept 日産自動運転コンセプトカーIDS [車、カーデザイン]

Nissan_IDS_concept_01.jpg


一つ前の記事、ボルボインテリアコンセプトモデルに続いてですが、
先日閉幕した東京モーターショーで公開されていた日産の自動運転コンセプトカー、IDS。


2105 東京ショー 動画:日産、自律走行技術を搭載した電気自動車のコンセプト"IDS"をワールドプレミア http://blog.livedoor.jp/motersound/51926031#PVPkSg6.twitter_tweet_ninja_l


上記リンクの記事は2015年10月28日のもので、私がモタモタしていてちょっと遅くなってしまいましたが、
ここではページの下のほうで動画がいくつか紹介されていて、この車を知るには画像だけよりもずっといいと思います。

Nissan_IDS_concept_02.jpg
Nissan_IDS_concept_03.jpg
Nissan_IDS_concept_04.jpg
Nissan_IDS_concept_05.jpg

全体的な印象は、格別すばらしいというほどではないですが、ここがものすごくイヤ!というようなところは無く、
悪くはないと思います。今となってはあまり先進的には見えないのですが、リーフのデザインがこれだったら
どんなだったろう… という気はします。少なくとも今のよりは売れたんじゃないでしょうか。

Nissan_IDS_concept_06.jpg
Nissan_IDS_concept_07.jpg
Nissan_IDS_concept_08.jpg
Nissan_IDS_concept_09.jpg
Nissan_IDS_concept_10.jpg
Nissan_IDS_concept_11.jpg
Nissan_IDS_concept_12.jpg
Nissan_IDS_concept_13.jpg
Nissan_IDS_concept_14.jpg

こういう意思表示が明確になるのは良いですよね。実現には(技術的なことではない)色々メンドクサイことが
あるんでしょうけど。
Nissan_IDS_concept_15.jpg


Nissan_IDS_concept_16.jpg
Nissan_IDS_concept_17.jpg

このステアリングとインフォメーションパネルの格納/表示方法がこの車の見所のひとつで、下のほうで紹介している
動画でその動きがご覧いただけます。こういう動きものは好きな方多いんじゃないかと思います。私もこの車で一番
良いところだと思いました。この方法なら、コラムの伸縮は大きくなりますがステアリング機構の機械的な結合は
保てそうなので、いざというとき(走行中にステアバイワイヤなどのシステムがダウンした場合など)に安心なものが
作れそうな気がします。
Nissan_IDS_concept_18.jpg
Nissan_IDS_concept_19.jpg

ステアリングの格納にあわせてシートアレンジが少し変わるのですが、ちゃんと人が乗れる大きさのシートで、
しかも人が乗った状態tとなると、動いたとしてもこの程度が現実的には精一杯。あんまり意味無いような感じです…。
Nissan_IDS_concept_20.jpg
Nissan_IDS_concept_21.jpg
Nissan_IDS_concept_22.jpg
Nissan_IDS_concept_23.jpg
Nissan_IDS_concept_24.jpg




動画。
同じような内容、重複する映像がいくつもあるのですが、長尺の本編作って、編集の違いでいくつかのバージョン
を作ったのでしょう。かなり力を入れて作っているように見えます。興味のある方はいろいろご覧になってください。


Introducing the Nissan IDS Concept



Technology: Nissan IDS Concept



Nissan and the Future of Intelligent Driving: the IDS Concept Car



Together We Ride







日産さんには早いとこリーフのデザインを何とかしてほしいです…。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:自動車

Volvo Concept 26 自動運転を考慮したごく近い近未来インテリア [車、カーデザイン]

Volvo_concept-26_09.jpg


ボルボが発表した、自動運転を考慮した近未来インテリアのコンセプトモデルです。

Volvo Presents Luxurious 'Concept 26', Previews Autonomous Future http://www.carscoops.com/2015/11/volvo-presents-luxurious-concept-26.html


Volvo_concept-26_01.jpg

近未来といっても本当にすぐそこ、というくらいにごく近い感じのデザインにまとめられていて、
リアリティがあります。シンプルですっきりしててわりと好みのインテリアです。
Volvo_concept-26_02.jpg
Volvo_concept-26_03.jpg
Volvo_concept-26_04.jpg
Volvo_concept-26_05.jpg
Volvo_concept-26_06.jpg
Volvo_concept-26_07.jpg

こんなふうにパッセンジャー側のインパネがごっそり回転して超大型モニターが現れる仕組みです。
Volvo_concept-26_08.jpg
他の部分はモニター格納状態とあまり違いが無いように見えますが、上の2枚の写真を比較すると、
メーターフードやステアリングホイールが少しだけ移動(モニター表示状態では前進)しているのがわかります。
完全なステアバイワイヤーならもっと大胆に(日産のコンセプトカーIDSのように)格納してスッキリさせたり、
別の何かしら今風のありがたいものが出てくるとかもできそうなものですが、ステアリングという超重要保安部品
というか、操縦の要ですから、システムがダウンした時のために何らかの機械的な連結を残しておくという考え
なのでしょう。そうするにはこういうわずかな移動くらいしかできないというのはわかります。
近未来のコンセプト~といいながら中途半端な感じもするかもしれませんが、個人的には現実的で好感が持てます。
こうしたほうが安心です。

Volvo_concept-26_09.jpg
Volvo_concept-26_10.jpg

ただ、ボルボって…、自動運転の前段階の、障害物を検知して自動ブレーキをかけてとまる(スバルのCMなどで
よく見るあれです)というデモンストレーションを、プレスを沢山招いてやったんですが、かっこ悪いことに
失敗してるんですよね。それも1回ではなく複数回。もう2~3年前のことですが。で、そのときの言い訳もまた
説得力の無いもので、障害物が人間の動きに近いものでないと検知しにくいことがあって、ゴニョゴニョ…
なんて言ってて、それを聞いたみんな、それはちょっと苦しいんじゃないか…と思ったはずです。
ちょっと前までボルボは、安全性ならボルボ!みたいなイメージ戦略できてたんですが、最近はもうボルボが備える
ような安全装備(マルチエアバッグとかABSとか)は他もみんな装備するようになって、そのイメージも希薄になって、
元々たいした特徴の無い(と言ったら失礼なのですが)同社としては、このままではまずい…そういうあせりも
あったんだろうと思います。ですが、そんな開発途中みたいなのをお披露目しておいて、失敗して、変な言い訳
(説得力の無い)されてたら、信頼とかできないじゃないですかね。
スバルのアイサイトなど、開発に20年くらいかけていたと思うんですが、ボルボはどうだったんでしょう? 
いずれにしても、自動運転が実用化されるようになったとしても、ボルボの自動運転車はあんまり乗りたくない…
といったら何だかネガキャンやってるみたいで嫌な感じなのですが、どうも自分の中ではボルボとか同じスウェーデン
のサーブ(こちらは2011年に破産)とかは、またまた失礼千万なのですが、存続していること自体が不思議に思える
ようなメーカーだったので(他のメーカーに対して明確ないいところが無くて、その割に高価で)、“ボルボの安全神話”とかいわれても、えぇ… (;´Д`)  って感じでしたので…。


以前、スバルのアイサイトについて触れた記事を書いています。↓
運転のうまいめがね君、アイサイト、JAXA D-SEND プロジェクト?  2014年8月11日
http://ash-institute.blog.so-net.ne.jp/2014-08-11






でも最近のボルボのデザインは中々いい、と思います…。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:自動車
前の10件 | - 車、カーデザイン ブログトップ








この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。