So-net無料ブログ作成
検索選択




Ikeya Formula IF-02RDS ブログトップ
前の10件 | -

ウインドーグラス取り付け(2017年6月1日、2日)その4 IF-02RDS ロードバージョン開発経過 [Ikeya Formula IF-02RDS]

IF-02RDS_R_ver_64_01.jpg


6月1日、2日にかけてイケヤフォーミュラさんにNY Connect の内藤さんと出張作業に行って、
作業の合間に撮影した写真、その4。

IF-02RDS_R_ver_64_02.jpg

IF-02RDS_R_ver_64_03.jpg

IF-02RDS_R_ver_64_04.jpg

IF-02RDS_R_ver_64_05.jpg

IF-02RDS_R_ver_64_06.jpg

IF-02RDS_R_ver_64_07.jpg

IF-02RDS_R_ver_64_08.jpg
ヘッドライトのアウターレンズを仮置きして、外側から外周部にラインテープを貼る。
アウターレンズの内側に接着面を隠すための黒塗装をするのだが、そのマスキングをするためのマーキング。

IF-02RDS_R_ver_64_09.jpg

IF-02RDS_R_ver_64_10.jpg
LEDライトユニットは同じものが3連となったこれが最終バージョン。一番内側がロービーム用、
真ん中と外側がハイビーム用。当初、ロービーム用にはこの一連のユニットで遮光板を内部に供えた
プロジェクターレンズタイプを使う予定だったのだが、そちらはアウターレンズをつけない状態で
光量がギリギリ、アウターレンズをつけて試験に臨んでみると、ごくわずかに足りないと判定され、没に。
ハイビーム用ユニットはLED3個を写真のようにレイアウトしてあって、この構造では遮光板は付けられない。
手に入るユニットで車検対応のものはこの一連のユニットがダントツに最小であり、他のユニットでは
この車の非常に狭いスペースに収まらない。このユニットを使うことでギリギリ成立しているレイアウトなので
どうしたものかと困ったのだが…、保安基準では遮光板を供えていることが必須ということではないことが
わかり、ハイビーム用の光軸を少し下向きにして使うことに。

IF-02RDS_R_ver_64_11.jpg

IF-02RDS_R_ver_64_12.jpg

IF-02RDS_R_ver_64_13.jpg
ウインドーグラス類にマスキングをして塗装準備。外周の接着部内側にガラス用プライマーを塗装。
一般的な量産車では黒セラ(セラミックプリント)に相当する。
この塗装をして1日目の作業は終了。一晩乾燥、硬化させて翌日接着という段取り。

IF-02RDS_R_ver_64_14.jpg

IF-02RDS_R_ver_64_15.jpg
ヘッドライトの下の横長のスリムなLEDユニットはデイライト。1号車と比較してヘッドライトの位置が
上がって、そのままだとフロントエンドからヘッドライトまでの間が広がって間延びした感じがするので、
エアインテークかフォグランプか…と色々考えて、このようなレイアウトに。
レイアウトを詰めていく途中で、ある辞典で自分としては悪くないまとまりに出来そうと思えたのだが、
CGやクレイモデルの段階では池谷さんはずっと気にしていらして、無いほうが良くないかというご意見も
いただいたのだが、ここは入れさせてもらった。

IF-02RDS_R_ver_64_16.jpg

IF-02RDS_R_ver_64_17.jpg

IF-02RDS_R_ver_64_18.jpg
ガラスには保安基準適合品であることを示す刻印が入る。JISマークと合せガラスであることを示す文字、
そしてガラスメーカーの名前。
ドアガラスは一般的な量産車では強化ガラスが使われるのだが、この車の場合、フロントと同じ合せガラス。

IF-02RDS_R_ver_64_19.jpg

IF-02RDS_R_ver_64_20.jpg
ドアインナーパネルの一部は取り外し式で、この部分だけエクステリアと同じ塗装色にしてみたが、
ここはインパネなどと同じスエード調か、この後張り替えられると思うシートと同じ生地を使うなど
したほうがいいかもしれない。

IF-02RDS_R_ver_64_21.jpg

IF-02RDS_R_ver_64_22.jpg

IF-02RDS_R_ver_64_23.jpg



ライトにアウターレンズがついて、ボディと同じようにリフレクションが映ると、とてもいい感じに見える。
これくらいまで出来上がってくると見ていて楽しい。どんな作業をするにも張り合いが出る。

1号車のときは自分では納得いく写真があまり撮れなかったので、2号車はたくさん撮ろうと思っていて、
この出張の少し前に自分としてはやや奮発してちょっといいカメラを買った。まだ全然使いこなせていない
段階だったのだが、撮ってきた写真を見るとそれなりにきれいに撮れていて、買って良かったと思えた。





こんなことを仕事としてやらせてもらえるなんて、感謝しかない…。





ウインドーグラス取り付け(2017年6月1日、2日)その3 IF-02RDS ロードバージョン開発経過 [Ikeya Formula IF-02RDS]

IF-02RDS_R_ver_63_01.jpg


今日の記事も一昨日からの続き、6月1日、2日にかけてイケヤフォーミュラさんにNY Connect の内藤さんと
出張作業に行って、作業の合間に撮影した写真、その3。相変わらず写真多目。


IF-02RDS_R_ver_63_02.jpg

IF-02RDS_R_ver_63_03.jpg

IF-02RDS_R_ver_63_04.jpg

IF-02RDS_R_ver_63_05.jpg

IF-02RDS_R_ver_63_06.jpg

IF-02RDS_R_ver_63_07.jpg

IF-02RDS_R_ver_63_08.jpg

IF-02RDS_R_ver_63_09.jpg

IF-02RDS_R_ver_63_10.jpg

IF-02RDS_R_ver_63_11.jpg

IF-02RDS_R_ver_63_12.jpg

IF-02RDS_R_ver_63_13.jpg

IF-02RDS_R_ver_63_14.jpg

IF-02RDS_R_ver_63_15.jpg

IF-02RDS_R_ver_63_16.jpg

IF-02RDS_R_ver_63_17.jpg

IF-02RDS_R_ver_63_18.jpg

IF-02RDS_R_ver_63_19.jpg

IF-02RDS_R_ver_63_20.jpg

IF-02RDS_R_ver_63_21.jpg

IF-02RDS_R_ver_63_22.jpg

IF-02RDS_R_ver_63_23.jpg

IF-02RDS_R_ver_63_24.jpg




自分でも初めて見る処理が散見され、ああ、ここはこんな風にまとめられたんだ、それにしてもこれは
一体どうやって作ったんだろう?というようなところもいくつかあり、イケヤフォーミュラさんの人達の
能力の高さに感心する。





人の顔をかくすとき、なぜか白三毛の凜の顔が活躍する…。





ウインドーグラス取り付け(2017年6月1日、2日)その2 IF-02RDS ロードバージョン開発経過 [Ikeya Formula IF-02RDS]

IF-02RDS_R_ver_62_01.jpg


昨日の記事の続き、6月1日、2日にかけてイケヤフォーミュラさんにNY Connect の内藤さんと
出張作業に行って、作業の合間に撮影した写真、その2。今日も写真が多いです。


IF-02RDS_R_ver_62_02.jpg

IF-02RDS_R_ver_62_03.jpg

IF-02RDS_R_ver_62_04.jpg

IF-02RDS_R_ver_62_05.jpg

IF-02RDS_R_ver_62_06.jpg

IF-02RDS_R_ver_62_07.jpg

IF-02RDS_R_ver_62_08.jpg

IF-02RDS_R_ver_62_09.jpg

IF-02RDS_R_ver_62_10.jpg

IF-02RDS_R_ver_62_11.jpg

IF-02RDS_R_ver_62_12.jpg

IF-02RDS_R_ver_62_13.jpg

IF-02RDS_R_ver_62_14.jpg

IF-02RDS_R_ver_62_15.jpg

IF-02RDS_R_ver_62_16.jpg

IF-02RDS_R_ver_62_17.jpg

IF-02RDS_R_ver_62_18.jpg

IF-02RDS_R_ver_62_19.jpg

IF-02RDS_R_ver_62_20.jpg

IF-02RDS_R_ver_62_21.jpg

IF-02RDS_R_ver_62_22.jpg

IF-02RDS_R_ver_62_23.jpg

IF-02RDS_R_ver_62_24.jpg

IF-02RDS_R_ver_62_25.jpg




いくつか有る細かい問題点の対処をしながら、細かいとは言い難いものやすぐに対処できないものは
どうすれば良さそうか方向性を相談しながら…、ウインドーグラス取付けの準備作業を進めていきます。




イケヤフォーミュラさんでの作業はいつも心地よく行える。この雰囲気いいなぁ…。





ウインドーグラス取り付け(2017年6月1日、2日)その1 IF-02RDS ロードバージョン開発経過 [Ikeya Formula IF-02RDS]

IF-02RDS_R_ver_61_01.jpg


すっかり間が開いてしまったが、IF-02RDS ロードバージョン開発経過の続き。
6月1日、2日にかけてイケヤフォーミュラさんにNY Connect の内藤さんと出張作業に行き、
ウインドーグラス類の取り付けを行ってきた。
そのときに撮った写真が結構沢山になったので、とりあえず写真だけでも何回かに分けて
アップしていこうと思う。
ちなみにブログの更新が滞ったのは、別に開発しているもう1台のスケジュールが厳しくて
ドイツフランクフルトショーに出展するためにIF-02RDSよりも先に完成させなければならない)、
まったく時間が取れなかったため。おかげさまでそちらは何とか山場を越えた(と思う…)ので
久しぶりに更新。

IF-02RDS_R_ver_61_02.jpg

IF-02RDS_R_ver_61_03.jpg

IF-02RDS_R_ver_61_04.jpg

IF-02RDS_R_ver_61_05.jpg

IF-02RDS_R_ver_61_06.jpg

IF-02RDS_R_ver_61_07.jpg

IF-02RDS_R_ver_61_08.jpg

IF-02RDS_R_ver_61_09.jpg

IF-02RDS_R_ver_61_10.jpg

IF-02RDS_R_ver_61_11.jpg

IF-02RDS_R_ver_61_12.jpg

IF-02RDS_R_ver_61_13.jpg

IF-02RDS_R_ver_61_14.jpg

IF-02RDS_R_ver_61_15.jpg

IF-02RDS_R_ver_61_16.jpg

IF-02RDS_R_ver_61_17.jpg

IF-02RDS_R_ver_61_18.jpg

IF-02RDS_R_ver_61_19.jpg

IF-02RDS_R_ver_61_20.jpg

IF-02RDS_R_ver_61_21.jpg

IF-02RDS_R_ver_61_22.jpg

IF-02RDS_R_ver_61_23.jpg

IF-02RDS_R_ver_61_24.jpg



この出張作業中に撮った写真は今回がその1で、その5まで続く予定。




ウインドーグラスが無事につきました…。





塗装上り(2017年3月30日)IF-02RDS ロードバージョン開発経過 [Ikeya Formula IF-02RDS]

IF-02RDS_R_ver_60_01.jpg


先日塗装が完了し、イケヤフォーミュラさんに引き取りに来ていただいた。
色は前回と同じ、深みのあるソリッドの赤。前回の1号車の時もいい仕上がりで池谷さんにはとても喜んで
いただけたが、今回の2号車もそれと同等か、あるいはさらにいい仕上がりに思える。

1号車(2013年製作)の塗装上りの写真はこちらのページ(Paintの項目をクリック)でご覧いただけます。


IF-02RDS_R_ver_60_02.jpg
キャビンのAピラー部はこんな風に塗り分けで黒に。面の素性が良かったのでツヤ有りの黒。
面の出来具合によってはツヤ有りだと映り込みがゆがんでしまい、出来の悪いものに見えてしまうことが
あるのだが、そういう場合はむしろツヤ消しのほうが質感が良く見えるので、そうすることも考えていた。
しかし面出しされた状態はとてもよく思えたので、今回は本来の狙い通りガラスフロントウインドー、
サイドウインドー)と質感の近いツヤ有りとした。この仕上がりならきっときれいに見えると思う。

IF-02RDS_R_ver_60_03.jpg

IF-02RDS_R_ver_60_04.jpg

IF-02RDS_R_ver_60_05.jpg

IF-02RDS_R_ver_60_06.jpg


フロントフェンダー、エアガイドフィンなど、細かいパーツ。
IF-02RDS_R_ver_60_07.jpg

IF-02RDS_R_ver_60_08.jpg

IF-02RDS_R_ver_60_09.jpg

IF-02RDS_R_ver_60_10.jpg

IF-02RDS_R_ver_60_11.jpg


この黒いパーツはヘッドライトハウジング。粉末造形(3Dプリンター)品のひとつ。
IF-02RDS_R_ver_60_12.jpg

IF-02RDS_R_ver_60_13.jpg

IF-02RDS_R_ver_60_14.jpg

IF-02RDS_R_ver_60_15.jpg


フロントフェンダーの固定側、ルーフエアインテーク、リヤエンドコーナー、フロントフェンダーブリッジ
リヤビューミラーステー、エアガイドフィン、フィラーリッド、ドアトリムパーツ…などなど。
IF-02RDS_R_ver_60_16.jpg


黒いパーツはAピラーに取り付けられるドアヒンジの関連パーツ。Aピラー部と同じくツヤ有りの黒。
IF-02RDS_R_ver_60_17.jpg

IF-02RDS_R_ver_60_18.jpg

IF-02RDS_R_ver_60_19.jpg

IF-02RDS_R_ver_60_20.jpg

IF-02RDS_R_ver_60_21.jpg

IF-02RDS_R_ver_60_22.jpg


ドア。
IF-02RDS_R_ver_60_23.jpg

IF-02RDS_R_ver_60_24.jpg


ドア、室内側。
IF-02RDS_R_ver_60_25.jpg

IF-02RDS_R_ver_60_26.jpg


ドアトリム類(サイド、ルーフ側)、キャッチロックカバーなど。
下の写真2枚目の右上に見える円弧状のパーツは表面がざらついたままだったのだが、これは追加する
ことになったリヤウインカーハウジングで、これだけは私の指示が悪くてこうなってしまった。
申し訳ないがあらためて必要な部分(最終的に見える部分)の表面を再仕上げて再塗装後、日宅配便等で
送っていただくことに。
IF-02RDS_R_ver_60_27.jpg


リヤカウル。
IF-02RDS_R_ver_60_28.jpg

IF-02RDS_R_ver_60_29.jpg

IF-02RDS_R_ver_60_30.jpg

IF-02RDS_R_ver_60_31.jpg

IF-02RDS_R_ver_60_32.jpg


フロントカウル。
IF-02RDS_R_ver_60_33.jpg

IF-02RDS_R_ver_60_34.jpg


全てのパーツを確認後、エアパッキンとマスキングテープでくるんで、イケヤフォーミュラさんに
持って行っていただいた。
IF-02RDS_R_ver_60_35.jpg



全てのツヤ有りパーツはトロトロのピカピカ。深みのある鮮やかな赤が美しい。
全体的にはとてもいい仕上がりで良かった。きっとまた喜んでいただけると思う。



きれいに塗りあがってひと安心…。





いくつかのディティール(2017年3月11日)IF-02RDS ロードバージョン開発経過 [Ikeya Formula IF-02RDS]

IF-02RDS_R_ver_59_01.jpg


イケヤフォーミュラさんで見たリヤコンビライト以外のいくつかのディティール。

シャシー、フロントサブフレーム。フロントサスペンションははずされている。
フロントカウルのヒンジまわりの補強、ガススプリングなどはレイアウトからイケヤフォーミュラ
さんのオリジナル設計。これがあると大きなフロントカウルの開閉がぐっとスムーズに。

メインフレーム先端付近の狭いスペースにエアコンユニットが置かれている。
これは快適装備というよりも主にフロントウインドーの曇り対策で、保安基準では、スイッチ
入れて何十秒かで曇りが消えて視界が確保できなければならないということなので、それに対応
するための装備。

IF-02RDS_R_ver_59_02.JPG

サスペンションのショックアブソーバーの前にLEDライトユニットが仮のフレームに並んで取り付け
られているが、これはこの状態で夜な夜な走行テストを繰り返している…、わけではなくて、
ダッシュボード上のインジケーターなどと同時に点灯状況を目視で確認するための仮レイアウト。

ダッシュボードの基板となるアルミパネルの前端にあるスリット状の穴は前述のフロントウインドー
の曇りを取るためのエアの吹き出し口。

IF-02RDS_R_ver_59_03.JPG

搭載エンジンは現状では1号車と同じ4気筒ターボ。左側にインタークーラー、右側にラジエーター。
イケヤフォーミュラさんが誇るシームレストランスミッションは今ははずされていて、手前に口を
あけているベルハウジングの形状が良くわかる。
市販版でエンジンがどうなるか、実はまだ決定していないのだが、どんなものであれ、この車に
合った魅力的なものになるといいなと思う。

IF-02RDS_R_ver_59_04.JPG

アルミをきれいに成形してまとまっていた給油口まわり。ここもイケヤフォーミュラさんのオリジナル。
この上からリヤカウルが付いて、そこに外側のリッドが付くので普段は見えなくなるが、リッドを
開けたときにこれが見えたらちょっと嬉しいかなと思う。
この種の給油口を見せるデザインもこの車には合うと思うし、好きな人はいると思うので、
どうしましょうか?と池谷さんにごく初期の頃に聞いてみたのだが、こういうのは隠したい
とのことだったのでその案は却下。

IF-02RDS_R_ver_59_05.JPG

これは何だろう?と思って聞いてみたところ、メーター(MOTECのディスプレイ)のまわりのカバー
というかフィニッシャーというか、そういうもの。こういうものもアルミ板を成形してロゴを
(多分レーザーで)抜くところとか、イケヤフォーミュラさんらしい。

IF-02RDS_R_ver_59_06.JPG



そして…、ここが実は今回改修した中で最も大きな問題となりそうだったところ。
オリジナル設計のドアヒンジでは保安基準を満たさない可能性があり、ヒンジには事実上市販車の
部品を使わなければならなそう(!)、とのことで急遽、市販車の使えそうなヒンジを色々調べて、
それに機械結合するアーム状のパーツを高剛性の材質で新規で製作し(写真右下)、それで
ヒンジとドアを機械結合(ボルトアップ)、剛結する、ということに。
これらの新しい造作のためにキャビンの該当部分は追加工、補修が施され、塗装に間に合うように
仕上げ作業を急いでいる状態。
さらにヒンジだけでなく、キャッチロック/ストライカーも同様(事実上市販車の部品以外ダメそう)
で、それらも改修が必要とのこと。

この話をリヤの方向指示器の問題と同時に聞いたのだが、こちらに関してはまったくそういう認識が
無かったので正直かなり驚いた。そしてリヤウインカーと違ってこちらのほうはそう簡単に解決でき
なそうに思えて、改修にはもっとうんと時間がかかる(最悪の場合、ドアまわり全面作り直し…?)
のではないかと思っていたのだが、その想像よりもはるかに早く解決策を立てて現物化されていて、
軽く驚いた。こういうところもイケヤフォーミュラさんらしい。

ただ、これで保安基準を完全に満たすと判断されるかどうか、まだ何ともいえず、とにかく考えられる
改修はして、それで検査に臨むしかない。
それでもしもダメなら、ドアのヒンジ周りに関しては全面改修…という事になる。
もちろん、そうなって欲しくないが。

IF-02RDS_R_ver_59_07.JPG

塗装工場に搬入するため、ボディパネルは一旦全て解体して個別に梱包

IF-02RDS_R_ver_59_08.JPG

IF-02RDS_R_ver_59_09.JPG



昨日13日月曜日の午後、これらボディパーツは無事に塗装工場に搬入された。
塗装には約2週間ほどみてほしいとのことだ。




塗り上がりが楽しみ…。






リヤコンビライト追加ウインカー (2017年3月11日)IF-02RDS ロードバージョン開発経過 [Ikeya Formula IF-02RDS]

IF-02RDS_R_ver_58_01_from_ikeyaformula.jpg


IF-02RDS ロードバージョン開発経過の続き。

イケヤフォーミュラさんに引き渡した翌日、連絡があり、この状態ではリヤの方向指示器が保安基準を
満たさないかもしれない、何とかならないでしょうか?とのこと。
私としては保安基準を満たしているつもりでいたので、何でまたそういう事に? と思ったのだが、
イケヤフォーミュラさんがそういうのだから、とにかくその懸念は払拭しなければならない。

IF-02RDS_R_ver_58_02_rear_turn_lamp_current_position.jpg

保安基準は基本的に文章で、それに加えて時々ごく簡単な図で解説されているのだが、書かれている文言を
どう解釈すれば良いのかわからなくて困ることがしばしばある。
今回の場合は“見通せること”という文言がそれだった。私はこれを直接光が目視できること、という風に
解釈し、3DCAD上でシミュレーションしてそのようになっていることを確認したつもりだった。
方向指示器の発光部の面積は20㎠以上必要で、水平方向で80度、垂直方向で15度の範囲でこれを見通せる
こと、となっている。シミュレーションではきわどいながらも大丈夫そうに思えたのだが…。
問題はリヤカウルの形状で、上記の水平方向で80度、垂直方向で15度のポイントから見たときに発光部の
一部を覆うような状態になってしまい、見える面積が小さすぎるのではないかということだ。
ではどれくらい見えれば良いのか?
イケヤフォーミュラさんが国交省の担当者に直接聞いて確認したところ、この80度/15度のポイントからも
20㎠以上の面積が確認できることと思ってください、とのこと。
リヤコンビライトの小さな車、例えば軽トラなどを見ると、平面的なところに小さなウインカーが付いている
ものも普通にあるので(80度の角度から見たらその面積はかなり小さくなるはず)、そこはちょっと拡大解釈
というか厳し目じゃないかと思ったのだが、こういうことで変に食い下がってもしょうがないし、そんなことを
するよりも、文句のつけようがないレイアウトにするのがいい。

ということで修正案を考えたのだが、なるべくなら修正作業は少なく済ませたい。
最初はリヤコンビライトユニットの水平方向の取り付け角度を変えてウインカー部分をより多く露出させ、
それでも足りないのでリヤカウルを一部切り欠いて対処しようかと思ったのだが、せっかくきれいに出来た
ボディを切り欠くのもつらいし、そうしてしまったら成形型もまた改修する必要が出てくる…。

IF-02RDS_R_ver_58_03_rear_turn_lamp_modified_position.jpg

IF-02RDS_R_ver_58_04_rear_turn_lamp_rotate_simulation_plan_view.jpg

IF-02RDS_R_ver_58_05_Rear_combi_lamp_simulation_20170203.jpg

IF-02RDS_R_ver_58_06_rear_quater_current_&_modify_plan1(cut_body).jpg

上の画像の右側がリヤカウルの一部を切り欠く案。大した違いではないように見えるかもしれないが、
単純にデザイン的にまとまりが悪くなるし、このために必要な作業全てを考えると、色々と憂鬱になる…。




それで他に出来ることはと考えたのがウインカーを丸ごと追加する案。
光源にLEDを使えば現状のリヤコンビライトの形状に合わせて非常にスリムなものが作れそうなので、
大急ぎで部品選定、レイアウト、3Dデータ化…とやって、画像(完成予想図)を作ってイケヤフォーミュラ
さんに見ていただいて承認していただき、この案で行くことに。

IF-02RDS_R_ver_58_07_Rear_combi_lamp_simulation_20170205.jpg

IF-02RDS_R_ver_58_08_rear_quater_view_20170205_LED_turn_close_up+text.jpg

IF-02RDS_R_ver_58_09_rear_quater_view_20170205_LED_turn_close_up_2+text.jpg

IF-02RDS_R_ver_58_10_rear_quater_current_&_modify_plan2(add_led_turn).jpg


ハウジングはヘッドライトなどと同様に粉末造形、アウターレンズはアクリルの切削として、またアークさんに
作っていただいた。

IF-02RDS_R_ver_58_11_rear_turn_housing+led.JPG


それを持って先日の土曜日にイケヤフォーミュラさんにおじゃまして、皆さん忙しく作業しているところ、
無理を言って取付け用の穴あけなどの作業をしていただき、仮組みしてきた。

IF-02RDS_R_ver_58_12.JPG

IF-02RDS_R_ver_58_13.JPG

IF-02RDS_R_ver_58_14.JPG


点灯テストも無事終了。

IF-02RDS_R_ver_58_15.JPG

IF-02RDS_R_ver_58_16.JPG



本日13日月曜日午後にこれらボディパーツ全て塗装工場に搬入、いよいよ塗装工程に入ることになる。





リヤ方向指示器問題、解決できて良かった。一時はどうなることかと…。






完成引渡し_3 リヤコンビライト(2017年2月1日)IF-02RDS ロードバージョン開発経過 [Ikeya Formula IF-02RDS]

IF-02RDS_R_ver_57_01.jpg


リヤコンビライトは1号車と異なる部分のひとつ。

IF-02RDS_R_ver_57_02.jpg


IF-02RDS_R_ver_57_03.jpg


非常にスリムな形状でこの車の雰囲気に合っている、と自分では思う。
IF-02RDS_R_ver_57_04.jpg


IF-02RDS_R_ver_57_05.jpg


IF-02RDS_R_ver_57_06.jpg


IF-02RDS_R_ver_57_07.jpg


IF-02RDS_R_ver_57_08.jpg


同じような写真が何枚も続くが、それはそれだけ気に入っているということ。
IF-02RDS_R_ver_57_09.jpg


ちなみにこれは1号車の写真にこのライトだけを強引に合成してみたもの。正確な寸法などまだわかない頃に
作ってみた画像なので、やや強引。そのままピッタリとはいかないだろうが、これならわずかな修正で
いけそう、はまりさえすればとても良い雰囲気になりそうに思えた。 上の写真とは左右の違いがあるが、
リヤカウルをどれくらい切り欠いたかわかると思う。
IF-02RDS_R_ver_57_10.jpg


1号車のリヤコンビライトよりも少し横幅が大きい(長い)ので、リヤカウルをその分切り欠き、エンブレム類も
それに合わせて車両中心寄りに移動。リヤカウルの補強を兼ねたマウント、カバー類を NY Connect の内藤さん
がきれいに作ってくれた。私はこのユニットをここにこの向きで置きたいというレイアウト情報を渡したのみ。
IF-02RDS_R_ver_57_11.jpg


IF-02RDS_R_ver_57_12.jpg


IF-02RDS_R_ver_57_13.jpg


積載車に乗って外に出たところ。アウターレンズに景色が映りこんできれい。
IF-02RDS_R_ver_57_14.jpg


よく見ると、そのアウターレンズに撮影している自分が写っている。
IF-02RDS_R_ver_57_15.jpg



リヤコンビライトは想像通り、期待通りにうまくまとまって、自分としてはとても気に入ったものになった。
とこの時までは思っていたのだが…、この後イケヤフォーミュラさんに搬入してすぐに問題が発覚する。



好みのものができて良かったぁ、と思ったのだが…。






完成引渡し_2 キャビン、ガラス(2017年2月1日)IF-02RDS ロードバージョン開発経過 [Ikeya Formula IF-02RDS]

IF-02RDS_R_ver_56_01.jpg

一昨日の引渡しの時に撮った写真を何回かに分けてアップしていきます。


今回はキャビンまわりとガラスなど。
IF-02RDS_R_ver_56_02.jpg


IF-02RDS_R_ver_56_03.jpg


IF-02RDS_R_ver_56_04.jpg


フロントウインドーのJISマーク。LAMI-SAFTY は合せガラス、安全ガラスを意味するもの。
IF-02RDS_R_ver_56_05.jpg


ドアヒンジはこのあとイケヤフォーミュラさんで本番用のものを作っていただくことになっていて、これはいわゆる
一時試作品。Aピラーとのクリアランスは上のほうが大きく見えるが、これは設計どおりの傾向、これで正しい。
ヒンジラインが斜め(前から見ても横から見ても)なので回転奇跡からこうなっていないとまずい。
ただ、細かく修正したいところがあり、例えばこの表面のマーカーで書いた斜線は、ここに付くカバーがAピラーの
表面とフラッシュサーフェイスになるためには少し出っ張っているので削りたいという意味。
IF-02RDS_R_ver_56_06.jpg


フロントウインドーもそうだが、このサイドガラス(ドアガラス)は合せガラスで3次曲面、しかもこの極率はかなり
難しいかもしれない、ガラスメーカーさんは打合せの時悲観的なことしか言わないし…、と心配していたのだが、
こんな感じできれいに成形してもらえた。良かった。この車のデザインが成立するキーポイントの一つといえるところ。
ガラスだけはどうしてもガラスメーカーに頼らざるを得ない、餅は餅屋の典型的なもののひとつなので、出来上がって
くるまではずっと心配だった。
IF-02RDS_R_ver_56_07.jpg


ドアヒンジ上側。下側よりも合わせるのに苦労したであろうことが見て取れる。実はこの一時試作品のドアヒンジは
チタン製で手加工での調整が非常に難しい、なかなか言うことを聞いてくれない材質。そのチタンを選んだ理由は
多分、元々の設計形状があまりいいものではなくて剛性を持たせにくいので、それを少しでもマシなものにするために…
ということだと思う。 設計が悪くて色々なところで負担を増やして(実はこの写真では見えないドアの内側でもっと
大変なことになっていて、NY Connectの内藤さんが随分苦労して仮組みしてくれた)、ご迷惑をおかけしてしまって
申し訳なく思う。
本番用はより一般的な鋼材(加工しやすいので思い通りの形状に仕上がる)で製作されることになる予定。
IF-02RDS_R_ver_56_08.jpg


サイドガラス(ドアガラス)のJISマーク。 そう、これが梱包用時の保護シート越しに見えにくくて、肝心のJISマークが
刻印されていない!と私が勝手に勘違いして、メーカーに電話、一旦送り返してしまったというアレ。ちゃんと保護シート
をはがしてよく見ればいいのにそうしないから…。 富士安全硝子工業さん、その節は本当にすみませんでした。
IF-02RDS_R_ver_56_09.jpg


サイドウインドー越しにキャビン内部を見る。
IF-02RDS_R_ver_56_10.jpg


ドアのインナーパネルがいい感じ。これはイケヤフォーミュラさんにもとても喜んでいただけたと思う。
NY Connectの内藤さんが提案してくれて、実際にいいものを作ってくれた。おまかせして良かった。
IF-02RDS_R_ver_56_11.jpg


サイドウインドー後ろのスリット状のエアアウトレット。現状ではこんな風にキャビン内部が素通しで見えるが
実際にはバルクヘッド(隔壁)がつくので、ちょっと様子が変わるはず。
IF-02RDS_R_ver_56_12.jpg

IF-02RDS_R_ver_56_13.jpg



あと何回か、この日に撮った写真を紹介していく予定です。




ガラスは本当に良かった…。






完成引渡し_1(2017年2月1日)IF-02RDS ロードバージョン開発経過 [Ikeya Formula IF-02RDS]

IF-02RDS_R_ver_55_01.jpg

塗装前の状態として完成したボディ


IF-02RDS_R_ver_55_02.jpg


フロントウインドー、サイドウインドーともに合せガラスフィット感はかなり良く思える。
IF-02RDS_R_ver_55_03.jpg


IF-02RDS_R_ver_55_04.jpg


みんなで手押しで積載車の荷台へ。
左からイケヤフォーミュラの池谷さん、このスタジオを貸していただいて作業も手伝っていただいた YDSのY社長
同じくYDSのIさん、そしてNY Connectの内藤さん。
IF-02RDS_R_ver_55_05.jpg


イケヤフォーミュラのTさん。ほがらかで仕事が出来て男前。シャシー、金属加工全般、その他諸々でとてもお世話に
なっている。車の排気音にはかなり厳しいご意見、強いこだわりをお持ちなことが昨日わかった。
IF-02RDS_R_ver_55_06.jpg


こちらは池谷さん。ほがらかで仕事が出来て商才があって男前。運転がうまいのはプロのレーサーだから当たり前。
IF-02RDS_R_ver_55_07.jpg
そういえば、イケヤフォーミュラの社員の方はみんなほがらかで控えめなのは、きっと池谷さんの人柄が反映されて
いるんだろうな…と前から思っていたのだが、それだけでなく、排気音に関してもそういう事になっているらしい
ことが昨日のTさんの話しぶりからわかったw


超低床式積載車のスライドする荷台。こんな車の移動にはこの手の荷台がついた積載車がいい。
IF-02RDS_R_ver_55_08.jpg

IF-02RDS_R_ver_55_09.jpg


ああ、この光景は以前も見たなぁ…と1号車の引渡しのときのことを思い出す。
あれから3前以上経つというのがにわかには信じられない。
IF-02RDS_R_ver_55_10.jpg


IF-02RDS_R_ver_55_11.jpg


白いボディにこのリヤコンビランプはとても映える。好みに仕上がって嬉しい。
IF-02RDS_R_ver_55_12.jpg
このあとカバーをかけられ、他の荷物とともにしっかり固定され運ばれていった。天気が良くてよかった。



こうして無事に引き渡すことが出来た。
この作業をお願いしていた NY Connect の内藤さん、本当に長い間お疲れ様でした。いいものを作っていただいて
ありがとうございました。ガラスとかライト類の取り付けなど、また次の作業の時にはよろしくお願いします。


他にもたくさん写真を撮ってきたので、このあと何回かに分けて記事にしていく予定。




無事に引き渡し出来てひと安心…。






前の10件 | - Ikeya Formula IF-02RDS ブログトップ