So-net無料ブログ作成
検索選択




マセラティ クアトロポルテ Ⅳ ブログトップ

Maserati Quattroporte 車検と修理で横浜のデスティーノへ [マセラティ クアトロポルテ Ⅳ]

01.jpg
昨日、クアトロポルテを横浜のデスティーノへ持ち込み、車検と修理を依頼した。
うちからは結構な距離があるのだが、小田厚と東名を乗り継いで行けるので時間は案外かからず、45分程度。

横浜で輸入車(外車)の車検、整備ならスクーデリアデスティーノへ
http://www.destino.jp/scuderia/scuderia_works.html

DESTINO 横浜本店 ブログ
http://www.destino.jp/yokohama/

02.jpg

1ヶ月ほど前の4月上旬に予約のために電話したとき、今はいっぱいなんで連休明けでもいいですか?
との事だったのだが、行ってみると確かにちょっとやっかいそう…w というか楽しそうな車が沢山、
リフトアップされたり、順番待ちで置いてあった。いつもながら盛況なようだ。
イタリア車などのラテン系に加えて(それだけでは中々厳しいので…と、以前ここのメカニックからも聞いた)
ドイツ車の扱いが多くなったと思っていたのだが、ここにある修理待ちの車はラテン系とイギリス車が多い。
やっぱり壊れる頻度が違うということか。

隣はアイディングのホイールをはいた黒いフェラーリ355F1。
03.jpg
04.jpg

このアイディングのホイールはカッコイイな。車もいいけど。
05.jpg
クアトロポルテの隣は相手していただいたチーフのTさん。おだやかでとても感じがいい。

車検はまぁ普通にやるとして、修理に関しては、エンジンが吹けない症状をなおしてもらうことを第一に、
他に細かなことをいくつかお願いした。電圧が低めなこと(多分オルタネータの不具合)、あとは後付の
リモコンドアロックの不調、フロントグリルなど、わりとどうでもいいような小物類。
他に色々チェックしていただいて具合の悪そうなところがあれば、その見積りをもらって検討ということで。

それとは別に、ボディの全般的な修理と全塗装の見積りをお願いしたのだが、これが何とも悩ましい問題…。
何ヶ所か塗装のクリア層がはがれ、小さなサビが見えはじめている痛んだボディ。サビが見えはじめていると
いうことはモール類を外したら、普段見えないところにもっと沢山あるのだろうし、それらを完全に無くすことは
事実上出来ないだろう。
どの程度まで修復するのかということになるのだが、中途半端に見えるところのサビを落として、パテで成形して
塗装し直したとしても、またじきに浮いてくるだろうから、ベターなのはこの段階で出来る限りのことをして、
今後はよりお大事にしてコンディション維持に気をつかう…、ということなのだろうが、この固体にそこまで手を
入れるべきかどうか…。
自分の中で答えは出かかっているのだが、デスティーノからの見積りを見て、また考えることに。


以下の写真は2012年5月、丹沢で撮影。
06.jpg
07.jpg
08.jpg
09.jpg
10.jpg
11.jpg
12.jpg





インテリアがアヴォリオレザーだったら…。



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

Maserati Quattroporte 自動車保険更新(ソニー損保) [マセラティ クアトロポルテ Ⅳ]

01.jpg
自動車保険の更新時期が今年も来た。これが今月で、来月は自動車税に更に車検も重なり、出費が続く。
そうでなくてもエンジンマネジメント系で修理したいところもあるし、ボディパネルの傷みはまじめにやるなら
結構大掛かりなレストア気味の作業が必要になるはずだし…、そこまでやるのであれば、同じ車でより程度の
いいものがあればそっちのほうがいいかというくらいなのだが…、なにしろ出物自体が少ない。

02.jpg

現行車やもっと新しい別の中古車もどうかと思う(中にはかなり魅力的な車種もないわけではない)が、
手に入りそうな範囲でこれよりお気に入りになれそうなものは、今のところ見当たらない。

03.jpg

自動車保険の更新手続きは今や全てインターネットを介して自宅にいながらにして出来て便利だ。
今回も10分くらいでサクッと終えた。
私が入っているのはソニー損保なのだが、このテレビCM、いつ見ても軽くイラッとするw。
セットのAを注文しようとしてるのに、全然人の話を聞かずニッコニコ顔で頓珍漢な返しをされて
“はい?” なんて言った後、勝手に説明聞かされておいて “なるほどぉ。” なんて絶対言わんてww
ただ、イラッとはするが印象的であることは確かで、新しいバージョン(ミュージカル風)が出来ても、
この旧バージョンを並行して流しているのは、やはりそれなりにCMとして有効と判断してのことなのかな。

04.jpg
05.jpg

それはともかく、このところほとんど乗らない私には走行距離が短いとそれに応じて割引になるというのは
合理的なので、まぁいいかと思っている。

06.jpg

ただ、このソニー損保に入る時、“お客様のお車、マセラティは弊社では車両保険には入れません。”と言われ、
そうじゃないかなぁと思ってはいたが、ああやっぱりそうか…と、少なからず落胆した。
ま、自分が保険会社側だったら、この時期(デトマソ時代)のマセラティなんて入れたくないものな。妥当な判断だw

この車で車両保険に入れる大手保険会社ってあるのか、まじめに調べていないのでわからない。
車には既に自分で手を入れているところもあるし、致命的なことにならないように見ていこうということで、
結局そのまま、またソニー損保を継続である。

それにしても、今や ソニーフィナンシャルグループはSONYグループ全体の屋台骨を支える優良企業…。
かつてソニーが持っていた先進的でステキなイメージはほとんどなくなってしまい、何ともさみしい…。

07.jpg
08.jpg

ホイールは、この車で数少ない“デザインが気に入らない”ところのひとつだったので、好みのものに変えている。
これがまた選択肢が少なくて…探すのに苦労した。
色々探してやっと手に入れたものを装着して試走すると80km/h~90km/hでバイブレーションが出る。
ホイールバランスではなくてセンターが出ていないのだろうと思われたのでハブリングを寸法指定して作った。
それを装着したところバイブレーションはピタリと無くなった。これはこの車だからということではなくて、
やっぱりこういうお大事なところはきちんと押さえてあげないといけない、というだけのこと。

09.jpg
10.jpg

この車、この固体の特徴なのだが、フロントグリルの枠が2重になっている。
同じ年式でもこんなグリルは他に見たことがない。一体何なんだろう、これ。
個性とか、特別仕立てとか、そういうことはどうでもいいし、せっかくこんなスッキリしたエクステリアなんだから、
こんなところにこんな変な懲り方しないで、普通にしといてくれたらいいのに…。

11.jpg

最近ようやくあたたかくなってきたし天気のいい日も増えてきた。
色々あるが、近いうちにクアトロポルテきれいにしてあげよう。




中期(1998年式)の白x白がベスト。いい出物があるまでじっくり待つか。…。


nice!(3)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

クアトロポルテ スロットルポジションセンサー異常 [マセラティ クアトロポルテ Ⅳ]

01_maserati_quattroporte_4.jpg
ちょっと前からなのだが、この車クアトロポルテのスロットルの調子がどうもおかしい。
2000回転くらいで失火したような感じになり、それより吹けなくなることが時々ある。
いつもではなく、ある程度暖まってきてからが多い。意識して丁寧に踏んでいくと何ともなかったりする。
Check Engine は相変わらず不定期に点くし。

02_Quattroporte_parts_meter_01+check_engine.jpg

一時が万事信頼できない車なのでw いろいろ考えて軽く欝な気持ちになるのだが、
最近は車種と症状で検索するといろいろ情報が得られて助かる。
そのひとつ、福井県のイタリア専門店 オートフリークさんのブログ。

Diario di AUTO FREAK
クワトロポルテの件について 2014/5/26(月) 午後 10:56
http://blogs.yahoo.co.jp/marty0094/48088338.html
(下の写真もAUTO FREAKさんのこのブログから)
03_Diario di AUTO FREAK_Quattroporte_throttle01.jpg
04_Diario di AUTO FREAK_Quattroporte_throttle02.jpg

それで、このスロットルポジションセンサーがいくら位するのか、いつものEurosparesのサイトで
調べてみると、本日現在こんな感じ。(青枠:マセラティのパーツ名はポテンショメーター)
05_eurospares_Quattroporte_intake_relations(044_010GD).jpg
06_eurospares_Quattroporte_thlottle_potentiometer_m.jpg
今のレートだと単価2万円前後、イギリスからの送料が数千円、合わせて3万円弱か。
相変わらずモノの割に高価だが、以前よそ様のブログで見かけたときは普通にマセラティらしくw
法外な価格(上記の倍以上)だったように思うので、これでもずいぶんマシか。

この症状が出るようになって、近いうちに横浜のデスティーノに持ち込んでみてもらおう…
と思ってはや数ヶ月、いやもっとか。 そうこうしているうちに、変なところの不具合も出てきて、
ボディの塗装のクリア層が浮き上がって白い塗料面との間に空間が出来て、
そこに小さなキズから雨水が入り込んで水ぶくれのようになってw プックリというかブヨブヨというか、
まぁそういうことになって、それが乾いてパリンパリンになったクリア層が剥がれ落ちるという、
なんともトホホな状態になっているところがある。 それも大きなのがルーフに一ヶ所、
細かいところが他に数ヶ所、併発してそれぞれ皆さん着々と成長していらっしゃる。

10年以上経過したような古い車の塗装面のつやがなくなって色があせているのは、
少し前ならよく見たが、今どき、しかもこういう変わった症状はこの車以外で見たことがない。
さすが希少車、こういうところまで希少なありさまを見せてくれる…。

07_quattroporte_tanzawa_20121121_01.jpg
08_quattroporte_tanzawa_20121121_09.jpg
09_quattroporte_tanzawa_20121121_16.jpg
10_quattroporte_tanzawa_2011_05.JPG
11_quattroporte_tanzawa_20121121_22.jpg
12_quattroporte_tanzawa_20121121_26.jpg
13_quattroporte_tanzawa_2011_14.JPG

他にも細々と(変なところが)サビで塗装が浮き始めていたり、いろいろと普通じゃないというか、
工業製品としてはどうにも問題のある車だが、形がとても気に入っているものなので、
何とかきれいにして乗り続けたいと思っている。 あんまり乗らなくなってしまったけど。
14_maserati_quattroporte_4.jpg




部分的な板金と全塗装、いくらになるんだか…。


nice!(2)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

Maserati Quattroporte Ⅳ Verde Tundra [マセラティ クアトロポルテ Ⅳ]

新潟からの帰り、六日町インターを過ぎたあたりの関越道で、
バックミラーに気持ち良くタンブルフォームになったフロントビューが映った。
Quattroporte_evo_green_front.jpg
端正なセダンの形であるようでいて、リヤがぐっと高くなった前傾姿勢。 
これは、もしかして…、そう思う間もなく結構な速度差で抜いていったのは
まぎれも無く、このガンディーニデザインのクアトロポルテ。
Quattroporte_evo_green_rear.jpg
自分の車以外で、路上で見たのは多分2度目、走っているのは初めてw
色はこの写真のような濃いグリーン。マセラティのカラーでいうとベルデツンドラ、かな。
針葉樹系の緑、というような感じでしょうか。
運転中で写真は撮れなかったので、これらの写真はよそのサイト(車屋さん)から拝借。



往路で並走したBMW 4シリーズ グランクーペもいいなと思ったが、
やっぱりこのクアトロポルテは格別だなと思った。
P5141697m_1040x.jpg
自分の好みではこの車は白が断然一番いいと思うのだが(他のもそう思うことが多いが…)、
こんな濃い外装色にマグノリア(暖色系オフホワイト)やベージュの内装もいいなと思う。
P5141728m_1040x.jpg


抜かれた時、「おお、やっぱりクアトロポルテだぁ。いいなぁ、やっぱり…。」
などと言っていたら、
家内 「あれはうちのと同じの?」
オレサマ 「そうそう。」 ←うちのはいわゆる中期型です。
家内 「前にデスティーノで見た紺色のエボとは違うの?」 ←Evoluzione(エヴォルツィオーネ)のこと。
オレサマ 「うーん、そっちかもしれない…。」
家内 「あなたが見てもわからないの?」
オレサマ 「こんなふうに追い抜かれた一瞬じゃわからない、な。」
家内 「とまってるの見たらわかるの?」
オレサマ 「ああ、それはすぐわかる。」
家内 「どこが一番わかりやすく違うの?」
オレサマ 「外側だと…ドアミラー。」
家内 「…ww」

ドアミラーもそうですが、中期型とエボの相違点、例えばリヤクォーターのエンブレムとか、
トランクの下縁の隙間とか、インテリアなんかは高速で追い抜かれた一瞬じゃわからないですw



自分で乗ってるのに、見かけるとやっぱり嬉しい…。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
マセラティ クアトロポルテ Ⅳ ブログトップ








この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。