So-net無料ブログ作成










Ferrari new Dino prototype? [モーターショー、イベント、ニュース、レース、他]

01_Ferrari_new_Dino_Render+Prototype.jpg

Ferrari Dino: 600bhp V6 sports car due late this decade by CAR Magazine
http://www.carmagazine.co.uk/spy-shots/ferrari/ferrari-dino-the-first-spy-shots-of-v6-test-mule/

予想ではエンジンは 3.0Lを切る 2.9L程度のV6で、パワーは450psと600psのどちらか(あるいは2本立て?)。
ということは必然的にハイチューンのツインターボかと思われます。今のところ458だか488だかをベースにした
試作車(下の写真)で開発を行っているようで、比較的無造作にあけられた大きなサイドエアインテークは
ターボエンジン特有の発熱量やインタークーラーへの冷却風を考えてのことと思えば合点がいきます。

02_Ferrari_new_Dino_prototype_01.jpg
03_Ferrari_new_Dino_prototype_02.jpg
04_Ferrari_new_Dino_prototype_03.jpg
05_Ferrari_new_Dino_prototype_04.jpg
06_Ferrari_new_Dino_prototype_05.jpg
07_Ferrari_new_Dino_prototype_06.jpg
08_Ferrari_new_Dino_prototype_07.jpg
09_Ferrari_new_Dino_prototype_08.jpg
10_Ferrari_new_Dino_prototype_09.jpg


488GTBとの比較。これはちょっと意図的に試作車(上)のほうが小さく見えるようにしているようです。
11_Ferrari_new_Dino_prototype_inset_top_on_488 GTB.jpg

458 ITALIAとの比較。
12_Ferrari_458_6deg_vs_new_Dino_proto.jpg
13_Ferrari_458_9deg_vs_new_Dino_proto.jpg

実際にはこの試作車よりもいくらかは小振りになると思われますが、それにしてもコンパクトとはいいにくい
サイズになりそうですし、(多分)上記のような高出力ターボエンジンとなると、なんだかちょっとDinoという
名前が似つかわしくないような…という意見も出てきそうです。
個人的にはDinoという名前にそれほど思い入れもないので、車として魅力的なら何でもいいですが。


予想図のひとつ。ピニンファリーナ・セルジオに似た雰囲気のフェイスイメージ。
14_ferrari_dino_2015_render_pininfarina_type.jpg


これはまた別の予想図。
Ferrari Dino появится ближе к 2020 году
http://avtovesti.com/ferrari-dino-poyavitsya-blizhe-k-2020-godu/
15_ferrari_dino_2015_render_frederik_tjellesen.jpg

そしてこれはもう何年も前に出回った予想図。スカリエッティなどに似た顔つきで、全体的におとなし目、
こんなのもちょっといいなと思った覚えがあります。
16_Dino_new_01.jpg





今の一番安いフェラーリよりも安くなるのかな? ならないような気もする…。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0












この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。