So-net無料ブログ作成










ドアインナーパネル成形(2016年10月上旬)IF-02RDS ロードバージョン開発経過 [Ikeya Formula IF-02RDS]

IF-02RDS_R_ver_18_01.jpg

ドアのインナーパネルの各パーツが少しずつ成形されていく。
IF-02RDS_R_ver_18_02.jpg

ドアインナーパネルの本体、最も大きな部品となるもの。
IF-02RDS_R_ver_18_03.jpg

ルーフ側に付くパネルと下面のサービスホールをふさぐサービスリッド。
IF-02RDS_R_ver_18_04.jpg
IF-02RDS_R_ver_18_05.jpg

ルーフ側にセットしてみたところ。
IF-02RDS_R_ver_18_06.jpg

その状態で下側から見たところ。
穴が開いたところはインナードアハンドルやキャッチロックなどの取り付けのためのサービスホール。
IF-02RDS_R_ver_18_07.jpg

外から見れば1号車と大きさ以外はそれ程変わらないように見える、2号車のドアアウターパネル。
IF-02RDS_R_ver_18_08.jpg

ドアとフロントカウルをメインの成形型にセットして、キャビンの成形のための準備を行う。
IF-02RDS_R_ver_18_09.jpg


これらのインナーパネルは私の作った設計データには無いもの。全てNY Connect の内藤さんが構想、造形から
型取り、成形までやってくれている。しかも元の設計の悪いところは直しながら。色々なことを考えながら
ものすごい工数を迅速にこなしていただいていることになる。至らないことだらけで申し訳なく思う。
別の見方をすると、こういう仕事はこういったスキルの高い人がある程度自由にやれるようにしておかないと
効率よく進めることなど出来ないだろうな…とも思う。



写真は全て、この作業をお願いしている NY Connect の内藤さん撮影。



ドアのインナーパネルだけもでもこの部品点数…。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0












この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。