So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン










Dallarra Stradale ダラーラ ストラダーレ [車、カーデザイン]

Dallarra Stradale_001.jpg

イタリアのレーシングコンストラクター、ダラーラが満を持して発表した同社初の超軽量スポーツカー。
同社はブガッティ ヴェイロンをはじめとるするハイパーカー、スーパーカー、そしてF1、SF、F3等の
レーシングカーの開発に携わってきた世界的なレーシングカーコンストラクター。いわば本物中の本物。

ダラーラ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A9

昨年11月にこの車が発表された時、ついにダラーラからロードカーが出た、これはなるべく早く
取り上げたい…、そう思いつつ結局これも今になってしまいました。

何のメディアか忘れましたが、この車が発表された時のダラーラ氏の述懐で、“いつか自社の名前をつけた
ロードカーを作りたいと心にずっと思っていたが、コンストラクターとして他にやるべき事があり過ぎて
中々実現するチャンスが無かった。しかし数年前のある時、今やらなかったらそんな日は永遠にやって来ない、
そう思って作ることにした。”というようなことを言っていて、ああ、ここまでの人、企業でもそうなのか、
でも、もっと早くても良かったと思うけどな…、と思ったものでした。

事前のスクープ記事でカムフラージュされた車を見て、期待していましたが、ちょっと寸詰まりにも見えて
あんまりカッコ良くなかったら嫌だな…と、若干の不安もありました。ですが発表された写真でみる限り、
スクープ写真から想像したよりもずっと魅力的で安心しました。そして色々と参考になるところも多く、
過去に自分が取り組んだ車について、あれもこうすれば良かったかもしれないな、そうすればもっと喜んで
もらえたかな…などと、後悔やら反省やらもしました。


イタリアのダラーラ「ストラダーレ」が遂に世界初公開。5年間で600台生産、価格は約2,000万円から(2017年11月16日)
http://creative311.com/?p=26499

ダラーラ・ストラダーレ発表 約2000万円~ 初年度分は完売(2017年11月17日)
https://www.autocar.jp/news/2017/11/17/249512/

ダラーラ初の市販スポーツカー、ストラダーレ 発表…855kgの軽量ボディに400hp(2017年11月17日)
https://response.jp/article/2017/11/17/302636.html

第467回:ダラーラのロードカーがいよいよ公道へ 世界600台限定の「ストラダーレ」に試乗する(2018年1月11日)
http://www.webcg.net/articles/-/37970

【独占レポート】ダラーラが放つ”本物のリアルスーパースポーツカー”に初試乗!(2018年5月7日)
https://motor-fan.jp/article/10004078


このダラーラ ストラダーレは、カーボン製ボディを採用するライトウェイトモデルで、フロントの
ウインドスクリーンの無い、いわゆるスピードスターが基本状態で、一般的なドアはありません。
ウインドスクリーン、ルーフ、サイドウインドー(ガルウイングタイプのドアとしての役割を持つ)
などは全てオプションという割り切った構成。
生産計画は、今後5年で600台を予定。価格は、€155,000(2062万円)から。

【SPECIFICATIONS】
車名:ダラーラ・ストラダーレ
ボディサイズ:全長4185×全幅1875×全高1041㎜
ホイールベース:2475㎜ 
乾燥重量:855㎏(ロードスターの場合)
エンジン:直列4気筒DOHCターボ 2300㏄(フォードEcoBoost)
最高出力:294kW(400㎰)/6200rpm
最大トルク:500Nm(51㎏m)/3000~5000rpm
トランスミッション:6速MT/6速ロボダイズド・パドルシフト
駆動方式:RWD
サスペンション形式:前後ダブルウイッシュボーン
ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク
パフォーマンス 最高速度:280㎞/h 0→100㎞/h:3.25秒 
クーペのダウンフォース:820kg(オプションのリアウイング装着時)

Dallarra Stradale_02.jpg

Dallarra Stradale_03.jpg

ロードスター用脱着式ウインドスクリーン(カーボンフレーム)€16,600(220万円)
Dallarra Stradale_04.jpg

タルガ用フレームルーフ€7,700(102万円)
Dallarra Stradale_05.jpg

クーペ用トップヒンジ(いわゆるガルウイングタイプ)シースルーキャノピードア€7,300(97万円)
Dallarra Stradale_06.jpg

Dallarra Stradale_07.jpg

Dallarra Stradale_08.jpg

Dallarra Stradale_09.jpg

Dallarra Stradale_10.jpg

Dallarra Stradale_11.jpg

Dallarra Stradale_12.jpg

Dallarra Stradale_13.jpg

Dallarra Stradale_14.jpg

Dallarra Stradale_15.jpg

Dallarra Stradale_16.jpg

Dallarra Stradale_17.jpg

この画像を見ると、ボディパネルの構成はきわめてシンプルなことが良くわかります。
一般的なドアを設定しないと割り切れば、この手の車の場合ボディ設計は一気に楽になるし、
製作工数も激減します。販売価格を抑えるひとつの有効なソリューションだとは思いますが…、
やはりよほどのことが無い限りドア(そして屋根も)はあったほうがいいと思います、個人的には。
それにこのカウルというか各パネル類は、どれを見てもヒンジなどで開閉できるものではなく、
全てがボルトアップ等、工具を使って着脱するもののようで、その割り切りの潔さは清々しいほど。
好意的に見れば、あのレーシングカーコンストラクターのダラーラ製なのだからこれはこれで良し、
ということになる、のかもしれませんが…。
Dallarra Stradale_18.jpg

ドアが無いからバスタブ型モノコックはサイドも十分な高さをキープできて剛性確保がしやすい。
Dallarra Stradale_19.jpg

エアインテークダクトもズドーンと通せるので、エアの流れもこの概念図のように(多分)スムーズ。
Dallarra Stradale_20.jpg

Dallarra Stradale_21.jpg

Dallarra Stradale_22.jpg

Dallarra Stradale_23.jpg

Dallarra Stradale_24.jpg

Dallarra Stradale_25.jpg

基本的に屋根のある車のほうが好きな私ですが、この車に関しては屋根もフロントスクリーンも無い
状態もいいなと思います。全体的に伸びやかに見えていいです。

Dallarra Stradale_26.jpg

Dallarra Stradale_27.jpg

Dallarra Stradale_28.jpg

Dallarra Stradale_29.jpg

Dallarra Stradale_30.jpg

Dallarra Stradale_31.jpg

Dallarra Stradale_32.jpg

フロントから入って脇に抜けていく(それによってフロントにダウンフォースを発生させる)
エアの通路が良くわかるショット。
Dallarra Stradale_33.jpg

Dallarra Stradale_34.jpg

Dallarra Stradale_35.jpg

この薄型のリヤコンビランプは某量産車用の流用品。なぜわかるかというと、IF-02RDSのロード
バージョン設計時に私もこれを流用することを検討したから。結局使用したのは寸法的な理由で
同じメーカーの別車種のものなのですが、ランプ単体としてはこちらのほうが好みでした。
今もその時に検討した1セットが手元にあります。
Dallarra Stradale_36.jpg

Dallarra Stradale_37.jpg

Dallarra Stradale_38.jpg

Dallarra Stradale_39.jpg

Dallarra Stradale_40.jpg

Dallarra Stradale_41.jpg

Dallarra Stradale_42.jpg

Dallarra Stradale_43.jpg

Dallarra Stradale_44.jpg

Dallarra Stradale_45.jpg

Dallarra Stradale_46.jpg

Dallarra Stradale_47.jpg

Dallarra Stradale_48.jpg

Dallarra Stradale_49.jpg

ダラーラ社の社長、ジャン・パオロ・ダラーラ氏。
航空力学の学位を得てフェラーリ、マセラッティ、ランボルギーニ、デ・トマソでキャリアを積んだ後、
自身でレーシングカーコンストラクターを設立。いくつもの有名競合他社が立ち行かなくなって消えて
いく中、堅実に実績を積み上げて生き残り、今や世界中のほとんどのカテゴリーでシャシーを供給し、
その多くで成功を収める。そして満を持して自身の名前を冠したロードカーをリリース…。すばらしい。
Dallarra Stradale_50.jpg



おまけ写真。左から、故パオロ・スタンツァーニ、マルチェロ・ガンディーニ、ジャン・パオロ・ダラーラ。
若き日、ミウラの開発に関わった3人。みんなすっかりおじいちゃん、すばらしくステキなおじいちゃん達。
Dallarra+Gandhini+Stanzani_with_Miura.jpg





ダラーラ製、その実績が価値を生む。これもうまくいってほしい…。






nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 2

さちこ

ダラーラの記事読ませていただきました。最近のスーパーカーで特に好きなデザインの車なので詳しく知ることができ良かったです。黄色が似合ってますね。
by さちこ (2018-09-21 23:45) 

ash_institute

さちこさん 
コメントありがとうございます。読んでいただけて私も嬉しいです。
この車の黄色、いいですよね。個人的に黄色って車の形が良くないと似合わない色の
ような気がしているのですが、この車にはとても良くあっているように思います。
by ash_institute (2018-09-22 17:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント