So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン










Dino 246 GTS(ディーノ 246GTS)(カーマガジン・ウィークエンドミーティング 2018 秋 in 大磯 Vol.4) [モーターショー、イベント、ニュース、レース、他]

04_Dino_246GTS_01.JPG

昨日に続き、9月29日(土)に大磯ロングビーチの駐車場で行われた
“カー・マガジン・ウィークエンド・ミーティング 2018 秋 in 大磯” というイベントに行ってきた、その4。

http://www.car-mag.jp/cwm2018autumn/
http://www.car-mag.jp/img/483/CM483_Oiso.pdf

今回はフェラーリでありながらフェラーリの名前の無かったディーノ。
クラシカルな曲面構成のデザインが好きな方も多いと思います。

04_Dino_246GTS_02.JPG

デザインは、ピニンファリーナのアルド・ブロヴ ァローネが手がけた Dino 206 Berlinetta Speciale を
ベースに生産性を考えたプロトタイプ2号車:Dino 206 Berlinetta GT が作られ(この時に、ごく低い
位置に配置された丸目4灯のヘッドライトとそれを左右まとめて全面的に覆う透明樹脂カバーの特徴的な
顔つきから、従来からある丸目2灯式に変わる)、その後、後輩であるレオナルド・フィオラヴァンティが
生産型をまとめたと、ブロヴ ァローネ氏本人が雑誌のインタビューで言っています。

04_Dino_246GTS_03.JPG

きっと若きフィオラヴァンティは、先輩の魅力的なデザインを壊さないように、慎重に生産に向けて
モディファイしたかったと思うのですが、上述のようにすでにヘッドライト周りなど顔つきがまるっきり
変わってしまい、(プロトタイプから生産型に替わる際に良くあることですが)せっかくのモダンな
イメージが薄まって、所帯じみて、普通になって、悪くすれば古く見えてしまって…、
結構辛かったのではないかと想像してしまいます。
生産性、コスト等を考慮したとはいえ、固定式ヘッドライトのこの顔つきは、プロトタイプの顔つき
と比べてあからさまに旧態然としていて…、プロトタイプの顔つきがそのままでは量産化が難しそう
なのは明らかですが、それでも、もっと近い雰囲気は再現できたのではないかなと思ってしまいます…。
これらの違いは下記の2つのキーワードで画像検索すると良くわかりますので、興味のある方はどうぞ。
Dino 206 Berlinetta Speciale 1965
Dino 206 Berlinetta GT 1966

ドアからリヤフェンダーにかけてのエアインテークはその後の308に継承され、リヤフェンダーの
ふくらみ方の変化にともなって、より洗練されていくのですが、前後のフェンダーのふくらみ方/
ウエストラインの絞り方(フロントはタイヤに沿って豊かにふくらみ、Aピラーの根元付近でウエスト
ラインは最もくびれ、リヤに向けて緩やかなスロープでふくらんでいく)は、1966年のプロトタイプ
2号車から生産型になる時に修正が入り、なんとなくフロントもリヤも同じようにふくらんでそれらを
滑らかにつないだだけ、みたいなものに変わってしまい、それは当時のコンベンショナルな形だった
のかもしれませんが、ちょっと残念なところです。

サイドを前から後ろまで貫く明確な水平基調のピークラインはプロトタイプからきっちり引き継がれ、
モダンな印象を与えていて、これはとてもいいなぁと思います。

04_Dino_246GTS_04.JPG

04_Dino_246GTS_05.JPG

特徴的なリヤウインドー。左右端部のこのすごい湾曲。 このGTSではリヤクォーターウインドーが
無くて意味が無いのですが、固定ルーフの場合はここにリヤクォーターウインドーがはまっていて、
良好な斜め後方視界が確保されます。この造作もまたこの車の魅力のひとつといえるでしょう。

04_Dino_246GTS_06.JPG

04_Dino_246GTS_07.JPG

04_Dino_246GTS_08.JPG


なき息子をしのぶため、それまでのフェラーリには無い新しい魅力を持った小型の車をデザインして欲しい、
そうリクエストされたピニンファリーナ、アルド・ブロヴ ァローネ氏はその期待にこたえようとがんばって
プロトタイプ1号車を作るも、生産性のために大幅な妥協を強いられてしまった…、ちょっとかわいそうな
小型フェラーリ。そういう側面もディーノにはあるように思います。


そんな開発ストーリーはともかく、結果として出来上がったこの車のデザインは、当時のレーシングカーの
雰囲気をロードカーに巧みに取り入れて良くまとまっていて、とにかくこの形が好きだという人が世界中に
沢山いるのは、この車をそれほど好きではない私でもわかる気がします。


次回は、Vol.5 Lancia Stratos HF(ランチア ストラトス HF)です。




私が好きかそうでないかはともかく、人気があるのは確か…。






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

Lamborghini Countach LP500S Wolf Special(カーマガジン・ウィークエンドミーティング 2018 秋 in 大磯 Vol.3) [モーターショー、イベント、ニュース、レース、他]

03_Lamborghini_Countach_LP500S_Wolf_Special_01.JPG

昨日に続き、9月29日(土)に大磯ロングビーチの駐車場で行われた
“カー・マガジン・ウィークエンド・ミーティング 2018 秋 in 大磯” というイベントに行ってきた、その3。

http://www.car-mag.jp/cwm2018autumn/
http://www.car-mag.jp/img/483/CM483_Oiso.pdf

今回はランボルギーニ カウンタック LP500S Wolf Special。まさにスーパーカーの中のスーパーカー。
今でもスーパーカーといえばカウンタック、象徴的な車といっていいでしょう。

03_Lamborghini_Countach_LP500S_Wolf_Special_02.JPG

03_Lamborghini_Countach_LP500S_Wolf_Special_03.JPG

個人的にはオーバーフェンダーやリヤウイングのついていないのLP400のほうが好みですし、
更に言えば、PrototypeのLP500がシンプルで一番好きです。
このLP500S Wolf Special はオーバーフェンダーがついていますが、リヤフェンダーの切り欠きに
オリジナルが持つデリケートなラインが残っていてそこがいいです。
この後に登場するモデルにつくオーバーフェンダーはどれもこのラインを無視した、いわば乱暴な
造形になっていて、せっかくのデザインをぶち壊しているように思えて好きになれません。

03_Lamborghini_Countach_LP500S_Wolf_Special_04.JPG

03_Lamborghini_Countach_LP500S_Wolf_Special_05.JPG

このホイールも、カウンタックに似合うという方もいますが、個人的にはあまり好きなほうでは
ないです。軽そうにも見えないし、空力が良さそうにも見えないし…。これならオリジナルの
LP400がはいていたホイールのほうが、全体のデザインともマッチングも含めていいかなと思う
のですが、この車はそれとの違いを出すことがコンセプトのひとつのようなものでしょうから、
そういう意味ではこのデザインはその目的を十分達成していると思いますので、これはこれで
いいのでしょうね。

03_Lamborghini_Countach_LP500S_Wolf_Special_06.JPG

03_Lamborghini_Countach_LP500S_Wolf_Special_07.JPG

むこうに見えるディーのと比べると、実際に発表された年代の違い以上の大きな違いを感じます。
かたやそれまでの集大成的なデザイン、かたやこれまでに見たことのないデザイン、そういう
コンセプトの違いを明確に感じます。
私自身は集大成的なデザインが好きですし、新しいことよりも美しいことのほうをより大切に
したいといつも思っているのですが、この2台に関してはカウンタックのほうが全然好みです。
ディーのはむしろ好きなデザインではないほうなので…。

03_Lamborghini_Countach_LP500S_Wolf_Special_08.JPG

03_Lamborghini_Countach_LP500S_Wolf_Special_09.JPG
わかりやすく翼断面形状のリヤウイング。このころはまだ翼端板の概念が無かったのか…、
気持ちよく影も形もありません。

03_Lamborghini_Countach_LP500S_Wolf_Special_10.JPG

03_Lamborghini_Countach_LP500S_Wolf_Special_11.JPG
この天地の狭いリヤウインドー、ルーフ上の小さな小さなウインドーも含めて、ここから後ろの景色を
見ろといわれても…、まぁ、まともになんて見えるわけがないです。

03_Lamborghini_Countach_LP500S_Wolf_Special_12.JPG

03_Lamborghini_Countach_LP500S_Wolf_Special_13.JPG

03_Lamborghini_Countach_LP500S_Wolf_Special_14.JPG

03_Lamborghini_Countach_LP500S_Wolf_Special_15.JPG

前作ミウラでのエンジニアリング的なネガティブポイントをつぶして、ある種理想主義的に纏め上げた
(重心高に関しては理想的とはいえないですが)パッケージレイアウト。そのパッケージレイアウトを
ごくごくタイトに包み込むデザインはこれでもかというほど未来的で、まるでコンセプトカーそのもの、
まさかこのまま市販するとは誰も思わないような、ライバルを一気に過去に置き去りにする超モダンデザイン。

03_Lamborghini_Countach_LP500S_Wolf_Special_16.JPG

そしてミウラの時には無茶なスケジュール前倒しでまるっきりとれなかった熟成期間も、今度は十分…
かどうかはともかく、まぁ前よりちょっとはかけて、完成度上げて、いよいよデビューだぁ!
…と思ったら、未曾有の世界的経済危機、オイルショック。  なんともついてない…。

03_Lamborghini_Countach_LP500S_Wolf_Special_17.JPG

ランボルギーニ社はこの頃から経営悪化はなはだしく、身売りだ、買収だと大変な時代に突入していく
わけですが、そんな中でこの車がマイナーチェンジを繰り返しながら、長きに渡って屋台骨を支え続け…、
いや、支えたとは言いにくいから…、商品として生き残り続けたのは、単純にこの車にそれだけ魅力が
あったからにほかならないと思います。こんな高額な車を欲しいと思う人がずっといたということです。

03_Lamborghini_Countach_LP500S_Wolf_Special_18.JPG

爆発的に売れてものすごい利益を出して傾いた会社の経営を持ち直す…、とまではなりませんでしたが、
アイディアを凝らして、苦労してこの車を開発した意味はあったと、そう思いたいです。
良くぞこの形で市販化してくれたものだと、この車を見ているとつくづくそう思います。

Lamborghini_Countach_LP500S_Wolf_Special_19_&_Ferrari_Dino_246GTS.JPG


これだけの車が展示してあるのに、この人の少なさ…。天気が悪かったせいもあるかもしれないので、
こういうイベントで天気が悪いというのは、悪いばかりではないなと思いました。

次回は、Vol.4 Dino 246 GTS(ディーノ 246GTS)です。




若い才能が奇跡のように集まって作り上げた夢のような車、歴史に残る1台…。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

Maserati Merak SS(カーマガジン・ウィークエンドミーティング 2018 秋 in 大磯 Vol.2) [モーターショー、イベント、ニュース、レース、他]

02_Maserati_Merak_SS_01.JPG

昨日に続き、9月29日(土)に大磯ロングビーチの駐車場で行われた
“カー・マガジン・ウィークエンド・ミーティング 2018 秋 in 大磯” というイベントに行ってきた、その2。

http://www.car-mag.jp/cwm2018autumn/
http://www.car-mag.jp/img/483/CM483_Oiso.pdf

今回はマセラティ メラック SS。同時代のスーパーカーの中ではちょっと控えめ、地味目な存在です。


02_Maserati_Merak_SS_02.JPG

02_Maserati_Merak_SS_03.JPG

この車のスタイリング上のもっとも大きな特徴は、このリヤクォーターの、ノッチバックをファースト
バック風に見せるバーの存在。これがあることによって、兄貴分のボーラと似たイメージになり、
テンションロッドとしてフレーム剛性を上げている…のかもしれません。残念ながら本当のところは
どうなのかはわかりません。

02_Maserati_Merak_SS_04.JPG

それにしても、このバーをとった状態を想像してみると、なんともそっけない造作であることに
あらためて驚きます。それに、このバーとボディ側との接し方も、なじませようとかしているような
様子は無く、あまりに無造作。ルーフ側にトンとぶつけて、リヤ側の平面っぽいところに置いただけ。
こんなんでいいの?そう思えるほどです。
よく見ると(よく見なくても)、ルーフ側との連続性も特に気にしていないことがわかりますし、
リヤ側のカクッと折れたような造形も含めて、理解に苦しむところが多々あります。

02_Maserati_Merak_SS_05.JPG

個人的にはこのバーはあったほうが全体的にまとまりが良く見えるのでアリだとは思うのですが、
それにしても、どうしてこういう変わった構成にしたのか…、想像するに、ボーラと同時開発で、
なるべく開発費はかけたくなくて、でも何とか違いを出さなければいけなくて、車格から少しだけ
お手軽感覚に見えるように…、ということでいわば苦肉の策だったのかな、などと思うのですが、
真相はわかりません。

02_Maserati_Merak_SS_06.JPG

このリヤクォーターのバー、上でも触れましたが、後ろのほうでカクっと折れているのはどうして
なんでしょう?何を狙ったのか…考えても思いつきません。これももしかしたら、サイドビューで
ボーラとのシルエットの違いを出すため、なのでしょうか…?

02_Maserati_Merak_SS_07.JPG

02_Maserati_Merak_SS_08.JPG

これくらいのフロントクォータービューやリヤクォータービューからわかるのですが、
このリヤウインドー周り、バーも含めてのこういう構成のおかげで後方視界はとても良さそうで、
この点においてはライバル達を大きくしのぎ、最もいいのではないでしょうか。
フェラーリのようなトンネルバックでは斜め後ろが見えにくいですし、ボーラのようなガラスを
使った構成でもこれほどは良くないでしょう。

02_Maserati_Merak_SS_09.JPG

02_Maserati_Merak_SS_10.JPG

顔つきもボーラよりも少し構成要素を少なくして、ボーラよりも立派に見えないように…
ヒエラルキーがあったとしてもそういう事をあまりあからさまにはしないほうがいいでしょうし、
本当にそんなことを考慮したのかどうかわかりませんが、結果として出来たこの顔つきは
悪くないです。個人的にはボーラよりもこちらのほうがあっさりしていて好みかもしれません。

02_Maserati_Merak_SS_11.JPG

フロントビュー、フロントクォータービューはライバルであるフェラーリ308などにも通じる
雰囲気で結構好みです。十分スーパーカーらしさがあります。
ライバルであるフェラーリ、ランボルギーニのいわゆるセカンドライン、308やウラッコに比べると
全体的にあれらよりもちょっとムッチリしてコロンとした感じで、それなりにまとまりはいいけれど、
エレガントというものでもないし、壮観さにもやや欠ける…、そんな感じかと思います。

同じメーカーに上級車であるボーラがあって、そのボーラ自体がライバルのスーパーカーたちに
比べてやや控えめなアピアランスであり、それよりもでしゃばってはいけない、でもライバルに
負けない魅力を出さなくてはいけない…。これはかなりハードルが高い、正直厳しい条件です。
メラック単体で見れば十分スーパーカーとしての雰囲気を持っていますが、メラックでなくては
手に入らない魅力、どうしてもこれを欲しいと思わせる魅力、そういったものにやや欠けている
ように思えて、そこがつらいところです。この種の車ではそれこそが最も重要なものではないかと
思いますので。

次回は、Vol.3 Lamborghini Countach LP500S Wolf Special(ランボルギーニ カウンタック
LP500S ウルフスペシャル)です。




決して悪くない、でもちょっと魅力に欠ける、かな…。






nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

Ferrari 365GT/4BB(カーマガジン・ウィークエンドミーティング 2018 秋 in 大磯 Vol.1) [モーターショー、イベント、ニュース、レース、他]

01_Ferrari_365GT/4BB_01.jpg

もう先月のことになりますが、9月29日(土)に大磯ロングビーチの駐車場で行われた
“カー・マガジン・ウィークエンド・ミーティング 2018 秋 in 大磯” というイベントに行ってきました。

http://www.car-mag.jp/cwm2018autumn/
http://www.car-mag.jp/img/483/CM483_Oiso.pdf


写真が多くなったので何回かに分けて書いていきます。予定では全部で9回。内容は下記のとおりです。

Vol.1 Ferrari 365GT/4BB(フェラーリ365GT/4 ベルリネッタボクサー)
Vol.2 Maserati Merak SS(マセラティ メラック SS)
Vol.3 Lamborghini Countach LP500S Wolf Special(ランボルギーニ カウンタック LP500S ウルフスペシャル)
Vol.4 Dino 246 GTS(ディーノ 246GTS)
Vol.5 Lancia Stratos HF(ランチア ストラトス HF)
Vol.6 屋外展示車両(ロータス エスプリ、エリ-ゼ、ヨーロッパ、マセラティ シャマル、他)
Vol.7 Isuzu 117 Coupe(いすゞ 117クーペ 初期型ハンドメイド、後期型)
Vol.8 De Lorean DMC-12 (デロリアン DMC-12)
Vol.9 来場者の車色々(BMW i8、Lancia Fulvia、Renault 5 Turbo、Ferrari Dino 308GT4、他)


1回目はフェラーリ365GT/4BB。
私の最も尊敬するデザイナー、レオナルド・フィオラヴァンティの傑作のひとつ。大好きな車です。


01_Ferrari_365GT/4BB_02.jpg

01_Ferrari_365GT/4BB_03.jpg

01_Ferrari_365GT/4BB_04.jpg

01_Ferrari_365GT/4BB_05.jpg

01_Ferrari_365GT/4BB_06.jpg

はぁー…、何度見てもこのスタイリングは美しくてカッコイイ。惚れ惚れする。
富士山を見たときに感じる爽快感というか満足感というか、そういうのと似たものを感じて、
満たされた幸せな気持ちになる。

01_Ferrari_365GT/4BB_07.jpg

01_Ferrari_365GT/4BB_08.jpg

この車をこんな近くで見られるのはこういうイベントならでは。モーターショーなどではこうはいかない。
あんなに込み合うこともないし、じっくり思う存分、心ゆくまでそばで見ていられる。

01_Ferrari_365GT/4BB_09.jpg

01_Ferrari_365GT/4BB_10.jpg

01_Ferrari_365GT/4BB_11.jpg

01_Ferrari_365GT/4BB_12.jpg

01_Ferrari_365GT/4BB_13.jpg

やっぱり、オリジナルデザインのこのリヤビュー、いいなぁ。512以降のだって悪くなんかないし、
十分魅力的なのだが…、やはりこのオリジナルデザインがタイトでまとまりが良く、上品さと迫力が
高いレベルで両立していて、このシリーズで一番いい。
興味の無い人には両者の違いもあまりわからないくらいのものかもしれないが。

01_Ferrari_365GT/4BB_14.jpg

01_Ferrari_365GT/4BB_15.jpg

魅力的なメーターパネルまわりは残念ながらうまく撮れなかった。ほんとに残念。



カーマガジン主催のこのイベントは、もう何年も前からここ大磯ロングビーチで行われていると
思うのですが、これまではどうもこの時期たてこんでしまってタイミングが悪くて、来たことが
ありませんでした。家からは至近距離なのにも関わらず…。
今回は天気がいまひとつでしたが、こんな屋内展示スペースがあるのなら、こういった貴重な車を
雨で濡らさずに済むし、至近距離で見れるし、入場料とかケチなこといわないのもいいです。
いろいろな意味で気楽に見れていいイベントだなと思います。

次回は、Vol.2 Maserati Merak SS(マセラティ メラック SS)です。




家のそばで、ただでこんないいもの見せてもらえて、ありがたや…。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

Dallarra Stradale ダラーラ ストラダーレ [車、カーデザイン]

Dallarra Stradale_001.jpg

イタリアのレーシングコンストラクター、ダラーラが満を持して発表した同社初の超軽量スポーツカー。
同社はブガッティ ヴェイロンをはじめとるするハイパーカー、スーパーカー、そしてF1、SF、F3等の
レーシングカーの開発に携わってきた世界的なレーシングカーコンストラクター。いわば本物中の本物。

ダラーラ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A9

昨年11月にこの車が発表された時、ついにダラーラからロードカーが出た、これはなるべく早く
取り上げたい…、そう思いつつ結局これも今になってしまいました。

何のメディアか忘れましたが、この車が発表された時のダラーラ氏の述懐で、“いつか自社の名前をつけた
ロードカーを作りたいと心にずっと思っていたが、コンストラクターとして他にやるべき事があり過ぎて
中々実現するチャンスが無かった。しかし数年前のある時、今やらなかったらそんな日は永遠にやって来ない、
そう思って作ることにした。”というようなことを言っていて、ああ、ここまでの人、企業でもそうなのか、
でも、もっと早くても良かったと思うけどな…、と思ったものでした。

事前のスクープ記事でカムフラージュされた車を見て、期待していましたが、ちょっと寸詰まりにも見えて
あんまりカッコ良くなかったら嫌だな…と、若干の不安もありました。ですが発表された写真でみる限り、
スクープ写真から想像したよりもずっと魅力的で安心しました。そして色々と参考になるところも多く、
過去に自分が取り組んだ車について、あれもこうすれば良かったかもしれないな、そうすればもっと喜んで
もらえたかな…などと、後悔やら反省やらもしました。


イタリアのダラーラ「ストラダーレ」が遂に世界初公開。5年間で600台生産、価格は約2,000万円から(2017年11月16日)
http://creative311.com/?p=26499

ダラーラ・ストラダーレ発表 約2000万円~ 初年度分は完売(2017年11月17日)
https://www.autocar.jp/news/2017/11/17/249512/

ダラーラ初の市販スポーツカー、ストラダーレ 発表…855kgの軽量ボディに400hp(2017年11月17日)
https://response.jp/article/2017/11/17/302636.html

第467回:ダラーラのロードカーがいよいよ公道へ 世界600台限定の「ストラダーレ」に試乗する(2018年1月11日)
http://www.webcg.net/articles/-/37970

【独占レポート】ダラーラが放つ”本物のリアルスーパースポーツカー”に初試乗!(2018年5月7日)
https://motor-fan.jp/article/10004078


このダラーラ ストラダーレは、カーボン製ボディを採用するライトウェイトモデルで、フロントの
ウインドスクリーンの無い、いわゆるスピードスターが基本状態で、一般的なドアはありません。
ウインドスクリーン、ルーフ、サイドウインドー(ガルウイングタイプのドアとしての役割を持つ)
などは全てオプションという割り切った構成。
生産計画は、今後5年で600台を予定。価格は、€155,000(2062万円)から。

【SPECIFICATIONS】
車名:ダラーラ・ストラダーレ
ボディサイズ:全長4185×全幅1875×全高1041㎜
ホイールベース:2475㎜ 
乾燥重量:855㎏(ロードスターの場合)
エンジン:直列4気筒DOHCターボ 2300㏄(フォードEcoBoost)
最高出力:294kW(400㎰)/6200rpm
最大トルク:500Nm(51㎏m)/3000~5000rpm
トランスミッション:6速MT/6速ロボダイズド・パドルシフト
駆動方式:RWD
サスペンション形式:前後ダブルウイッシュボーン
ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク
パフォーマンス 最高速度:280㎞/h 0→100㎞/h:3.25秒 
クーペのダウンフォース:820kg(オプションのリアウイング装着時)

Dallarra Stradale_02.jpg

Dallarra Stradale_03.jpg

ロードスター用脱着式ウインドスクリーン(カーボンフレーム)€16,600(220万円)
Dallarra Stradale_04.jpg

タルガ用フレームルーフ€7,700(102万円)
Dallarra Stradale_05.jpg

クーペ用トップヒンジ(いわゆるガルウイングタイプ)シースルーキャノピードア€7,300(97万円)
Dallarra Stradale_06.jpg

Dallarra Stradale_07.jpg

Dallarra Stradale_08.jpg

Dallarra Stradale_09.jpg

Dallarra Stradale_10.jpg

Dallarra Stradale_11.jpg

Dallarra Stradale_12.jpg

Dallarra Stradale_13.jpg

Dallarra Stradale_14.jpg

Dallarra Stradale_15.jpg

Dallarra Stradale_16.jpg

Dallarra Stradale_17.jpg

この画像を見ると、ボディパネルの構成はきわめてシンプルなことが良くわかります。
一般的なドアを設定しないと割り切れば、この手の車の場合ボディ設計は一気に楽になるし、
製作工数も激減します。販売価格を抑えるひとつの有効なソリューションだとは思いますが…、
やはりよほどのことが無い限りドア(そして屋根も)はあったほうがいいと思います、個人的には。
それにこのカウルというか各パネル類は、どれを見てもヒンジなどで開閉できるものではなく、
全てがボルトアップ等、工具を使って着脱するもののようで、その割り切りの潔さは清々しいほど。
好意的に見れば、あのレーシングカーコンストラクターのダラーラ製なのだからこれはこれで良し、
ということになる、のかもしれませんが…。
Dallarra Stradale_18.jpg

ドアが無いからバスタブ型モノコックはサイドも十分な高さをキープできて剛性確保がしやすい。
Dallarra Stradale_19.jpg

エアインテークダクトもズドーンと通せるので、エアの流れもこの概念図のように(多分)スムーズ。
Dallarra Stradale_20.jpg

Dallarra Stradale_21.jpg

Dallarra Stradale_22.jpg

Dallarra Stradale_23.jpg

Dallarra Stradale_24.jpg

Dallarra Stradale_25.jpg

基本的に屋根のある車のほうが好きな私ですが、この車に関しては屋根もフロントスクリーンも無い
状態もいいなと思います。全体的に伸びやかに見えていいです。

Dallarra Stradale_26.jpg

Dallarra Stradale_27.jpg

Dallarra Stradale_28.jpg

Dallarra Stradale_29.jpg

Dallarra Stradale_30.jpg

Dallarra Stradale_31.jpg

Dallarra Stradale_32.jpg

フロントから入って脇に抜けていく(それによってフロントにダウンフォースを発生させる)
エアの通路が良くわかるショット。
Dallarra Stradale_33.jpg

Dallarra Stradale_34.jpg

Dallarra Stradale_35.jpg

この薄型のリヤコンビランプは某量産車用の流用品。なぜわかるかというと、IF-02RDSのロード
バージョン設計時に私もこれを流用することを検討したから。結局使用したのは寸法的な理由で
同じメーカーの別車種のものなのですが、ランプ単体としてはこちらのほうが好みでした。
今もその時に検討した1セットが手元にあります。
Dallarra Stradale_36.jpg

Dallarra Stradale_37.jpg

Dallarra Stradale_38.jpg

Dallarra Stradale_39.jpg

Dallarra Stradale_40.jpg

Dallarra Stradale_41.jpg

Dallarra Stradale_42.jpg

Dallarra Stradale_43.jpg

Dallarra Stradale_44.jpg

Dallarra Stradale_45.jpg

Dallarra Stradale_46.jpg

Dallarra Stradale_47.jpg

Dallarra Stradale_48.jpg

Dallarra Stradale_49.jpg

ダラーラ社の社長、ジャン・パオロ・ダラーラ氏。
航空力学の学位を得てフェラーリ、マセラッティ、ランボルギーニ、デ・トマソでキャリアを積んだ後、
自身でレーシングカーコンストラクターを設立。いくつもの有名競合他社が立ち行かなくなって消えて
いく中、堅実に実績を積み上げて生き残り、今や世界中のほとんどのカテゴリーでシャシーを供給し、
その多くで成功を収める。そして満を持して自身の名前を冠したロードカーをリリース…。すばらしい。
Dallarra Stradale_50.jpg



おまけ写真。左から、故パオロ・スタンツァーニ、マルチェロ・ガンディーニ、ジャン・パオロ・ダラーラ。
若き日、ミウラの開発に関わった3人。みんなすっかりおじいちゃん、すばらしくステキなおじいちゃん達。
Dallarra+Gandhini+Stanzani_with_Miura.jpg





ダラーラ製、その実績が価値を生む。これもうまくいってほしい…。






nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車